お気に入り

 

前回のおさらい
『「自分は浮気なんてしない」と思っていたTさんは、旦那の浮気が原因でブレーキが緩くなってしまい、「シタ妻」となってしまいました。浮気相手の男性への未練を覗かせるTさん。浮気相手の男性が、旦那以上、いや、今までの男の誰よりも好きだったそうです』

 

シタ妻であるTさんは、その後どうなったのでしょうか?

 

「私、シタ妻になりました」後編です。

 

前編をまだ見ていない方はこちらから→「前編」

 

 

その後彼とはどうなった?

 

筆者「その後、彼とはどうなったんですか?」
 
Tさん「関係は終わりました」
 
筆者「バレたとか?」
 
Tさん「いいえ、彼とは別れたりくっついたりしているんですけど、それで最後は、彼が長い間他県に行っていて、帰ってきてから復縁を持ちかけられたんです。でもその時は、なんかそういう関係にはならなかったですね。自然消滅ではないですけど、きっぱりお別れしたって感じでもなくて、でも、完璧に関係は終わってます」
 
筆者「連絡も取ってない感じですか?」
 
Tさん「そうですね」
 

浮気の影響!

 

筆者「彼とそういう関係になってどうでしたか? 家庭とか気持ちの面とか、何か影響ありました?」
 
Tさん「彼とそういう関係の時は、逆に旦那に優しくなれましたね」
 
筆者「罪悪感とかから?」
 
Tさん「それもありますけど、その時は、ダメなことしているけど旦那に優しくできて、それで家庭が上手くいくのなら、浮気もいいのかなって思ってたので、でも、彼と別れたりくっついたりしている時、パニック障害を起こしてしまって。肌荒れとかも酷くて、その時は辛かったですね」
 
筆者「パニック障害ですか? やっぱりあれですか、罪悪感とか子供のこととか、彼への想いとか、いっきに色々なことがのしかかったからですかね? 今は大丈夫ですか?」
 
Tさん「今は大丈夫です。そうなった一番の理由は、彼だと思います。パニック障害になった時は、彼に冷たくされた時でしたし、私の気持ちが彼に届いてなくって、彼の気持ちがわからなくなって」
 
筆者「そうだったんですね」
 

現在の彼女

 

筆者「その彼と大恋愛をして、色々辛いこともあって、今はどうですか?」
 
Tさん「その時は子供も小さくて、すごく大変で、でも、彼が好きだし、会いたいし、関係が終わったから、それが叶わなくって、それが一番辛かったです。だけど、彼への想いを断ち切るために、走るようになって、今ではそれが趣味になってるんですよ」
 
筆者「そうなんですね」
 
Tさん「走るようになってから体調もいいですし、気持ちも落ち着いて、昔の自分よりも少し強くなれたかなって。今は、今の自分がいるのは、彼と出会えたからだって思えるようになって、感謝の気持ちもあります」
 
筆者「彼がまた復縁を求めてきても、大丈夫そうですね」
 
Tさん「そんなことはないと思いますよ。私ももうおばさんですし、彼と出会った時も彼からしたらおばさんでしたけど、もう復縁はないと思います」
 

さいごに

 

Tさんのように、「自分は浮気なんてしない」と思っている女性でも、浮気に走ってしまうことはあります。
 
今日は大丈夫でも、明日のことはわからないということです。
 
それに、「自分は浮気なんてしない」と心に思っている貞操観念のある女性の方が、遊びではなく本気になりやすい傾向にあります。
 
本気の浮気から結ばれるケースもあるため一概には言えませんが、浮気という甘美な恋は、禁断の果実かもしれません。
 
浮気と縁遠い読者の方、シタ妻に憧れたりしないように。
 
(瀬戸 樹/ライター)
 
■本音と実情を告白。私、シタ妻になりました。「前編」
■不倫夫から突然離婚を突き付けられ……一文無しからサレ妻が這い上がる!「前編」
■不倫は武勇伝じゃない!当然のように不倫を自慢してくるやばいママ友に天罰が「前編」

お気に入り
不倫】の最新記事
  • 抜けられない……社内不倫の泥沼にハマった夫婦の末路
  • 「見てられない…」友だちの不倫を辞めさせる方法はある?
  • 夫の不倫を未然に防ぐ!普段の生活でできるテクニック
  • 愛妻家の夫が不倫しないとは限らない…危険な愛妻家エピソード
  • 「これはまずいと思ったら…」不倫の引き際を見極める方法4選
  • 【みんなに聞いた】男の浮気癖って治るの?それとも治らないの?
  • 別居状態で相手の不倫を見抜く方法BEST3
  • 不倫男が使いがちなセリフ4選