恋愛関係を長続きさせるために大切な「相性」とは具体的にどういったことを指すのでしょうか?
 
今回は、「相性がいい人」とはどういった人かを解説していきます。
 

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味1 一緒にいて疲れない

 
相性がいい人とは、ずばり、一緒にいて疲れない人です。一緒にいて疲れない人とは、自分の素を見せることができる、一緒にいて心地よい人のことです。
 
逆に、どれだけ好きな人でも、「嫌われたくなくて、等身大の自分でいられない」「一緒にいると背伸びしてしまう」人とは、長続きすることが難しいと言えます。
 

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味2 連絡・デート頻度が似ている

 
「毎日連絡をとりたい」という人もいれば、「事務的な連絡だけでいい。毎日連絡をとりたいと言われるのはキツイ」と考える人もいます。連絡やデート頻度に対する価値観が違うと、諍いになりがちです。
 
一方、理想の連絡・デート頻度が似ている人同士のカップルなら、関係を続けることのストレスが少なく、必然的に関係は安定します。

関連キーワード
相性】の最新記事
  • 恋も仕事も相性が大事!付き合う前からうまくいく方法
  • タロット|彼との相性チェック!
  • 長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味とは
  • 彼氏と相性が合わない…対処法5つ
  • 血液型別!相性の良い結婚相手のタイプ
  • 恋愛で幸せになれる相性チェック!4つ
  • 彼との「真の」相性がわかる「意外と忘れがちな」6つのチェック項目
  • 男女に聞いた! 自分にとって相性のいい結婚相手という判断基準は何?