恋愛関係を長続きさせるために大切な「相性」とは具体的にどういったことを指すのでしょうか?
 
今回は、「相性がいい人」とはどういった人かを解説していきます。
 

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味1 一緒にいて疲れない

 
相性がいい人とは、ずばり、一緒にいて疲れない人です。一緒にいて疲れない人とは、自分の素を見せることができる、一緒にいて心地よい人のことです。
 
逆に、どれだけ好きな人でも、「嫌われたくなくて、等身大の自分でいられない」「一緒にいると背伸びしてしまう」人とは、長続きすることが難しいと言えます。
 

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味2 連絡・デート頻度が似ている

 
「毎日連絡をとりたい」という人もいれば、「事務的な連絡だけでいい。毎日連絡をとりたいと言われるのはキツイ」と考える人もいます。連絡やデート頻度に対する価値観が違うと、諍いになりがちです。
 
一方、理想の連絡・デート頻度が似ている人同士のカップルなら、関係を続けることのストレスが少なく、必然的に関係は安定します。

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味3 恋愛観・結婚観が似ている

 
恋愛観・結婚観に関しても同様です。
 
「結婚には興味はない。でもあなたのことは大好き」という人と、「将来的には結婚したい」という人がカップルになれば、いずれ将来についての価値観の違いが原因ですれ違ってしまうことは目に見えています。
 
恋愛観・結婚観は似ていれば似ているほど関係は長続きする傾向にあります。
 

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味4 甘えられる

 
お互い甘えられる人であれば、関係は長続きします。
 
一方、「この人には甘えられない」「あまり心を開けない」と感じる人との関係は長続きしないでしょう。

長く恋愛関係が続くのはどんな人?「相性がいい人」の意味5 家庭環境が似ている

 
育った環境は、人格形成に大きな影響を及ぼします。
 
家庭環境が似ている人は、価値観も似ているため、なんだかんだ惹かれやすい傾向にあります。また、家庭環境が似ているふたりなら、結婚となった場合にも、お互いの家族から反対されることは少ないでしょう。そういった意味でも、家庭環境が似ている人同士の恋愛関係は長期化しやすいのです。
 

さいごに

 
今回は、長く恋愛関係が続く「相性がいい人」とはどういった人かについて説明してきました。
 
相性がぴったりの人と巡り会えた人はラッキーですが、好きになった人が「相性がぴったりの人」であるケースは少ないでしょう。
 
「ちょっと合わないかも」と思っても関係を続けていきたいなら、お互いが歩み寄って妥協する必要があるところは妥協する必要が生じてきます。「相性がそこまで良くない人」でも自分たちの努力次第で、「ぴったりくる相手」にすることは可能なのです。
 
(今来 今/ライター)
 
■彼氏と相性が合わない…対処法5つ
■男女に聞いた! 自分にとって相性のいい結婚相手という判断基準は何?
■恋愛で幸せになれる相性チェック!4つ
 

相性】の最新記事
  • 誰もが起こり得る恐怖!ゾッとした恋愛エピソード
  • 血液型別!恋愛相性コラム~A型編~(A型女性×A・B・O・AB型男性)
  • 恋を長続きさせるために!事前に知っておきたい相性チェック項目
  • カップル診断|長続きするカップルかどうかがわかる!5つの質問
  • 【実録】彼女と「相性が合わない」と感じた瞬間5選
  • めざせ山ちゃん&蒼井優さん! 運命的に相性のいい男性と結婚する方法
  • なぜ? 相性が悪くても幸せでいられるカップルの特徴とは
  • 男性から「相性がいい」と思われる女性の特徴とは?