「付き合うなら相性がいい人がいい」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いでしょう。でも「相性がいい」とは、具体的にはどういったことなのか、ハッキリわかりますか?今回は、「相性がいい」とは何なのかをご紹介します。
 
 

 
 

「相性がいい」の意味1 趣味があう

 
共通の趣味があったり、映画や音楽の好みが似ていたりすると相性がいいと感じるでしょう。
 
お付き合いをするとなれば、一緒に過ごす時間が増えます。その際、一緒に映画を観ようとなったときに、女性はアクションやマーベル系が苦手で、男性はロマコメが苦手…観たい映画が一致しない、ということはよくあります。そうなれば、一緒に映画を観る機会も減ってしまうでしょう。でもマーベル系映画が好きな男性が、同じくマーベル系映画好きの女性に出会ったら、「映画の趣味が合う女性なんて初めて出会った。彼女とは相性が良さそうだ」と感じるはずです。
 
一緒の時間をお互いが楽しむためにも、趣味や趣向などが近い相手が理想的といえます。映画だけでなく、ゲームやアニメ、本など何でも構いません。アウトドアかインドアなのかでも一致している方が、相性がいいと言えるでしょう。
 
 

「相性がいい」の意味2 笑いのツボがあう

 
同じところで笑いあえるのも相性の良さの証です。そもそもですが、なぜ人間には「笑い」という機能が備わっているのでしょうか。動物の中でも、笑う生物は珍しく、人間ぐらいだと言われています。人間に笑いという感情表現が備わっているのは、高度に社会的な生き物だからです。笑いは、社会的な規範から逸れたところに生まれます。
 
たとえば、お弁当箱の中にメガネが入っていることで、笑いが生まれたとします。それは、「社会的には、ご飯やおかずが入っているのが正しいのに、そこから逸れている」ことを「これは社会的にはおかしなことだよね」と認識しあうための笑いなのです。
 
つまり「何に対して笑うか」は、「何が正しいと思っているか」とほぼ同義といえるでしょう。そのため同じ事象に対して一緒に笑えるということは、価値観が似ていると感じるのです。
 
 

さいごに。相性がいい方が一緒にいて楽だが、相性が悪い人に惹かれることもある

 
今回は、相性がいいとはどういうことか、について説明してきました。
 
「趣味があう」「笑いのツボがあう」など性的な好みが一致している人のことを、人間は相性がいいと感じがちです。
 
相性がいい人とは、一緒にいて楽で居心地がよいので、お付き合いに発展しやすいでしょう。ですが、もちろん「全然趣味が合わないのに、なぜだか惹かれる」「好きだけど、笑いのツボが全然違う」というケースもあります。
 
相性がいい人の方が一緒にて楽なことは事実ですが、同時に自分とは全然違う価値観を持っている人に魅力を感じるというパターンもあるのです。自分にはないものを持っているからこそ、惹かれてしまうのかもしれませんね。
 
 
今来 今/ライター
 
 
■寂しがり女子と相性がいい男性の3つのタイプ
■好きな人との相性はいい?相性チェック項目5つ
■星座の相性が最悪! でも、これさえ覚えておけばもう大丈夫!
 

相性】の最新記事
  • 実録!やっぱり無理…彼女と相性が合わないと感じた瞬間5選
  • 相性診断!日ごろの会話で分かる!!好きな人との本当の相性
  • タロット占い|あなたと相性の良い彼氏のタイプは?
  • 彼の心をキャッチ!男性に「相性がいい」と思わせるポイント4つ
  • 今の彼と結婚しても大丈夫?結婚相性チェックポイント紹介!
  • 好きな人との相性はいい?相性チェック項目5つ
  • 血液型相性診断!あなたにぴったりな男性の血液型とは?
  • 一緒にいたい!「相性がいい」と男性が感じる女性の3つの特徴