彼氏の言ったセリフにイラッとしてしまった経験はありませんか?

実は、女性がイラッとするセリフの中には、男性が悪気なく言った内容が少なくないんです。

 

そのため、悪気もなく女性を傷つけがちなセリフを知っておくと、「今イラッとしたけど、別に私を怒らせようと思ったわけじゃない」と冷静になれるはず。

 

そこで今回は、彼氏が無意識のうちに言う、彼女をイラッとさせるセリフを、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

 

1.「だから、何が言いたいの?」

 

話している最中、「だから何が言いたいの?」「言いたいことがよくわからない」と言われてイラッとした女性は少なくないでしょう。

 

まず、なぜ男性はこのようなセリフを言ってしまうのかご説明します。

 

男性は会話を「情報収集」「情報伝達」の手段と捉える傾向があるのです。

そのため、話を聞く時「この人は何を伝えたいのだろう?」「どういう情報を与えてくれるのだろう?」ということを意識します。

 

一方、女性の会話は、特に目的なくノリで話す傾向があります。(それが、女性は男性と比べておしゃべりだといわれる所以です)

そのため、恋人同士の会話には、ノリで話す彼女と情報の収集をしたい彼氏との間に目的のズレが生じてしまい、このようなセリフが飛び出すのです。

 

彼氏と話をする際は、会話の目的を多少意識してみると、このようなセリフを聞く機会は少なくなるでしょう。
 

2.「それなら辞めれば?」

 

仕事の愚痴を相談した時、「そんなにキツイ仕事なら辞めれば?」「早めに転職活動したほうが絶対いいよ」とアドバイスする彼氏にイラッとしたことはありませんか?

 

これも男女間の差異が生み出してしまう現象なのです。

 

男性の脳は「解決脳」と呼ばれ、物事をいかに解決するかを考えたがる傾向があります。

一方、女性の脳は「共感脳」と呼ばれ、自分の気持ちをわかってもらいたがる傾向があります。

 

ですので、愚痴を相談した彼女はただ「私の苦労をわかって」という気持ちなのに、彼氏は「彼女の悩みを解決してあげるアドバイスを送らなくちゃ」と考えてしまうのです。

彼女の話を早く切り上げたいがために、辞めれば? と言っているわけではありません。

 

3.「そう思ったなら言ってくれよ」

 

女性は「言わなくてもわかってくれること」に期待する傾向があります。

ですが、男性は察する能力が低く、口で言ってくれなければわかりません。

 

確かに、何も言ってないのに彼氏が自分の気持ちを察してくれたら嬉しいですよね。

しかし、それはかなり難易度の高い注文です。

 

男性に察してもらうことを期待せず、キチンと自分の気持ちは伝えるほうが、関係は長続きしますので意識してみましょう。
 

まとめ

 

この3つのセリフは、彼氏の口から聞いたことのあるセリフばかりだったのではないでしょうか?

 

今後は、これらのセリフを聞いても「悪気はないんだよね」と心の中でつぶやくようにしてみてください。イライラがすぐに収まれば、彼氏との仲は円満で長く続くに違いありません。

 

(高萩陽平/ライター)

 

■男性が「これくらい許してよ」と思っている、女性のいら立ちポイント 3つ
■彼が惹かれずにはいられない、「あなただけの魅力」【無料占い】
■【調査】お泊まり前に要チェック! 彼氏に引かれないすっぴんの見せ方

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • ダメ男が出来上がるまでの心理過程
  • そろそろプロポーズされたい!彼氏に結婚を促す方法
  • ラブラブだった彼氏が急に冷めるきっかけ5選
  • 彼氏のプライドを傷つけず上手に不満を伝える方法
  • 彼氏を自分好みに育てる方法。理想の人に出会うより育てる方が早い!?
  • 実は大好きのアピール!彼氏のわかりづらい愛情表現3つ
  • デート中の言動には要注意!彼氏が冷める彼女の言動とは
  • 「浮気性の男性」と「いちずな男性」の違いは、満足感と倫理観