DV(家庭内暴力)やデートDV(付き合っている相手からの暴力)は、けっしてめずらしいことではありません。
離婚に関する司法統計(※1)によると、離婚の原因は一位が性格の不一致、二位が家庭内暴力だといいます。

 

DV被害にあってしまったら、どうやって逃げればいいのでしょうか?

 

今回はDV被害対策についてご紹介します。

 

※1 離婚に関する司法統計

http://www1.mhlw.go.jp/toukei/rikon_8/repo12.html

 

デートDVから逃げるために女性ができること1 まずはDVを認める

 

DV被害を受けている場合、まずは被害を認める必要があります。

 

DV加害者によくある行動パターンとして、「暴力をふるったあとに優しくなる」などが挙げられます。
そのため
「ちょっと怒っただけで、もうしないだろう」
「何度も暴力をふるわれているけれど、今度こそ心を入れかえてくれるかもしれない」
と、彼が変わってくれることを期待して、DV被害から目を背けてしまう女性は少なくありません。

 

DVから逃れる第一歩は、
「自分は暴力をふるわれている。この関係が変わることはない」
と認めることです。

実はこれが一番難しいことなのですが、DV被害に自分で気づく、周りにDVを指摘してもらったときは素直に受け止める、ということが大切。

 

デートDVから逃げるために女性ができること2 警察に被害届を出す

 

警察署の生活安全課には、DVを専門にした職員がいて、相談にのってくれます。

 

まずは、警察に被害届を出し、DV加害者から距離をとりましょう。
一緒に住んでいるなど、離れることが難しい場合は、実家に避難するか、警察に相談し、避難シェルターなどを紹介してもらいましょう。

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 豹変にドン引き!? 男性たちに聞く「彼女と別れた理由」4つ
  • 有望株! 今はそう見えなくても将来性のある彼ってどういう人?
  • 男性がもっとも「彼女に知られたくない」こと
  • 付き合いたての彼氏との映画デートを100パーセント楽しむ方法
  • もっともっと愛し合いたい! 彼との仲を深めるために必要なこと3つ
  • 最上級の幸せを大切な彼に!彼氏を喜ばせるサプライズ
  • 彼氏の元カノに嫉妬!見えないライバルに怯えないための対処法4つ
  • タロット|いつも彼と長続きしない……あなたに合った恋人関係の築き方