「彼氏に甘やかされたい」「妹みたいに接してほしい」などなど、彼氏に甘やかされたいと考えている女性は多いでしょう。

ですが、甘やかしすぎる男性と付き合っても、幸せな恋愛は送れないかもしれません。

 

そこで今回は、アメリカの臨床心理士・Barbara Greenberg氏が「甘やかしすぎる男性と付き合わないほうが良い5つの理由」を報告していたのでまとめました。

 

退屈する

 

「私たちの多くは、関係の中で緊張や抵抗が必要だ。もちろん適切な量の緊張と抵抗が必要で、多すぎるのは問題になる」

 

自分の思い通りになりすぎると、それはそれで退屈なもの。

甘やかしすぎる彼氏だと、なんでも言うことを聞いてくれるので、始めはそれを愛情として受け入れることができます。ですが、交際期間が長くなれば、次第につまらなさを感じていくはず。

 

ケンカも葛藤もない関係性は退屈に感じてしまうので、ある程度の言い争いができる彼氏のほうが良いでしょう。

 

冷淡な印象を与える

 

「彼氏が甘やかしすぎると、彼女は無関心さだけでなく、冷淡さも感じるかもしれない」

 

なんでもかんでも「わかったわかった」と自分の言う通りに行動してくれる彼氏に、「自分の思い通りになって良かった」と思う半面、「本当に自分の気持ちをわかってくれたのかな?」と不安になったことはありませんか?

 

甘やかしすぎる彼氏の中には、彼女との対話や気持ちを重視せず、「甘やかせておけば機嫌が良くなるだろう」と考える人もいます。

ですので、甘やかされすぎると、なんとも言えない空虚感を味わうことになるかもしれません。

 

精神的に疲れる

 

「決定を全て任す人と一緒にいると疲れてしまう」

 

甘やかしすぎる彼氏は「どこ行きたい?」「なに食べたい?」とあらゆる判断を委ねてきます。

ですが、なにかを判断することは精神的に結構疲れますよね。

 

甘やかしてくれる男性が彼氏だと、様々な判断をしなければいけないため、知らず知らずのうちにストレスが蓄積する恐れがあります。

ですので、「今日は俺の行きたいところに行くぞ」「イタリアン食べたいから行こう」とちょっと強引なくらいの彼氏のほうが精神的には楽でしょう。

 

精神的な圧迫を感じる

 

「甘やかしすぎる男性が彼氏だと、彼女は多くの責任を押し付けられる。そのため、多くの人がかなりの嫌悪感に押しつぶされる」

 

上記しましたが、何かを判断することは精神的にかなりの疲労感を伴います。

なんでも自分で決めてしまうと「ここに行きたいって行ったの私だから、彼氏を楽しませなきゃ!」「ここの料理が美味しくなかったらどうしよう」といった気持ちになることも多いです。

 

「なんでわかってくれないの」「いつも自分ばっか」と“適度”に思える彼氏のほうが、甘やかしてくれる彼氏よりマシと言えるかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

「甘やかしてくれる彼氏が欲しい!」と思うことは自由ですが、決して良いことばかりではないということをわかっていただければ幸いです。

 

(高萩陽平/ライター)

 

参考文献
https://www.psychologytoday.com/intl/blog/the-teen-doctor/201804/5-reasons-why-too-nice-doesnt-work

 

■束縛・依存…「彼氏が好きすぎる女子」がしてはいけないこと4つ
■恋愛タロット占い|私は彼の元カノよりも愛されていますか?
■「将来いい夫になる男性」の特徴をチェック!…あなたの彼は大丈夫?

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • タロット|いつも彼と長続きしない……あなたに合った恋人関係の築き方
  • 彼氏の言いなりにはならないで! 情緒が不安定な彼氏の上手ななだめ方
  • 彼氏の「すっぴんのほうがかわいいよ」ってどういう意味?
  • 先に言って欲しかった…付き合った後で知ってショックだったこと
  • 彼氏にデリカシーのない事をいわれた時、どう対応する?
  • 大好きな彼だけど関係ない! 彼氏にぶち切れた瞬間2選
  • 元カノとLINEをする彼…どうにかして元カノを忘れさせる方法とは?
  • 彼氏と話し合うときに気をつけるべき4つのこと