悪気がないものの、ちょっとしたことで男性を怒らせてしまう女性は少なくありません。愛する彼を怒らせてしまった時、ふと頭に過ぎるのが「このまま振られたらどうしよう」という不安です。できることなら、彼の怒りを回避してもう一度元に戻りたいものですよね。

 

そこで今回は、彼を激怒させた時の対処法についてご紹介します。つい余計な一言を言ってしまう女性は、要チェックですよ。

 

何度も「ごめんなさい」と謝る

 

彼の心を静める方法として、もっとも有効なのが謝るという行為です。そもそもカップルのケンカが長引くのは、どちらも自分が悪者になりたくないからこそ。ケンカを終わらせるためには、どちらか一方が「ごめんなさい。私が悪かった」と謝る必要があります。

 

ただし、この時に白々しく「ごめんね」と棒読みで伝える、またはヘラヘラ笑いながら伝えるのは逆効果です。ウルウルした瞳で、申し訳なさそうな顔で伝えることが大切です。

 

彼の胸元に飛び込む

 

彼の心を落ち着かせるために、あえて彼の胸元に飛び込んでギュッと抱きしめてみましょう。抱き着いた時は、嘘泣きでもいいのでメソメソと涙するのがコツです。
むしろ胸元に飛び込めば、罵声を浴びせられることもありません。下手に逃げ回るより、むしろ懐に飛び込んだ方が安全なのです。(ただし、凶器を振り回すような暴力をふるうタイプの男性の場合は別。むしろ、そんな男性とはすぐに別れましょう)また、スキンシップ効果で彼の怒りも静まるようになるはずです。

 

メールか手紙で謝罪文を作成する

 

彼の顔を見るのが怖いのであれば、メールや手紙で謝罪文を作成して渡しましょう。

 

文章であれば脳で整理してから書けるため、きっとあなた自身も冷静な気持ちで対処できるはずです。同棲(もしくは既婚)カップルなら、彼のいないうちにテーブルに謝罪文を置いて読んでもらうようにしましょう

 

メールの時は、可愛いスタンプや絵文字を使うのではなく、シンプルに要点を伝えるようにしましょう。あまりふざけたスタンプなどを送ると、「ふざけているのかな?」と勘違いされる原因にもなりかねないので注意です。

 

彼の行きたいところに行く、欲しいものをプレゼントする

 

彼の機嫌が悪い時は、あなたから彼の行きたいところを含めたデートプランを計画してみましょう。

 

女性と同じように、男性も自分のためにアレコレ考えてくれるのは嬉しいものです。また、普段から彼が欲しがっているものを購入してサプライズで渡してみるのもオススメです。プレゼントを渡す時は、謝罪文を簡潔に書いたメッセージカードも同封しておきましょう。

 

日本の人は、昔から人にお礼、または謝罪する時に菓子折りなどを渡す風習があります。この風習を、2人の間でも取り入れるのです。男性側も「俺はモノでつられない!」と最初は怒るかもしれませんが、なんだかんだで欲しかったものを覚えてくれるあなたを許すはずです。

 

彼を激怒させてしまった時の対処法まとめ

 

彼を怒らせてしまった時、女性は逆に取り返しのつかないことを言ってしまいがち。その理由は、日本の女性のなかには「私より彼の気持ちが大きくて当たり前」と考えている人が多いからです。

 

とくに、女性は男性に強気な女性の方が「愛されている女性」と勘違いしている人も多く、どこか男性に強気にでてしまう女性が少なくありません。

 

しかし、男性も女性と同じようにパートナーの態度で愛情が冷めることは多いのです。彼を怒らせてしまった時は、自分にも否があることを認めて素直に謝りましょう。素直なあなたの態度を見て、彼もきっと考えを改めてくれるはずです。

 

■12星座別】ガチギレした時の行動
■血液型別!男性のガチギレエピソード
■束縛が強い星座ランキング

 

彼氏】の最新記事
  • 彼氏の事をなんて呼ぶかで分かる!ちょっとイタい人をあぶり出す恋愛傾向診断
  • 部屋に入れない女性
    なかなか合いカギを渡さない彼氏が合いカギを渡さない心理
  • いつも彼と長続きしない……あなたに合った恋人関係の築き方
  • 彼氏が彼女とくっつきたくない時の男性心理
  • 「親の介護って面倒くさいよね」という男性心理とは?
  • ルックス以外が重要? 彼氏を世界一のイケメンにするコツ
  • 意外と簡単! 彼氏の嫌いなところも含めて好きになる方法4つ!
  • 男性の「変わる」は信用できる? できない?