「今のキャリアを捨てるのは不安・・・」「こんなきっかけで転職してもいいのかな」など、あと一歩踏み出す勇気がでなくて、転職出来ずに諦めていませんか?

 

今回、転職を意識したタイミングを5つ紹介します。あなたが転職するかどうかの判断材料にしてくださいね。

 

1.会社自体に不満

 

実際働いてみたら会社が経営不振だったり、突然事業方針を見直しがあったりなど会社自体に不満があり転職を意識する人もいます。急にリストラされる不安もあるため、在職中に転職した方が良いのか迷う人も。

 

就職するまでは気付かないことも多いですが、転職する場合はネットなどでしっかり情報をチェックすることが大切になります。可能であれば、職場見学など行い直接雰囲気を確認するのもアリですよ。

 

2.他にやりたい仕事をするため

 

「昔からやりたい仕事があって、諦めきれない」なんてことないですか?

 

ポジティブな理由の転職だと夢も広がりやすくなります。ですが、衝動的に「もっとできることがある」と感じるのは誰にでもあります。

 

本気で何かやりたいことがあるなら、しっかり準備をしてから退職することがベストです。辞めてから後悔しても遅いため、自分の意志をしっかり確認するようにしましょう。

 

3.結婚や出産など家庭の事情

 

私生活の変化で転職を迷う人もいます。結婚や出産、夫の転勤など理由は家庭によっていろいろなパターンがあります。

 

この理由だと会社も嫌な顔出来ないため、比較的スムーズに転職出来るはず。家庭の生活リズムが変わるときに転職するのは絶好のタイミングになりますよ。

 

ただ辞めたあとに、新しい場所で転職先を見つけなければなりません。

 

4.給与や勤務時間など待遇に不満

 

どんなにやりたい仕事でも待遇面が悪いと、生活の質が下がり仕事に対するモチベーションがダウンするのも当たり前。趣味や習い事など自分の時間がなくなれば、ストレスが溜まる一方。

 

会社によっては月の残業時間が200時間超えていたり、休日出勤が当たり前など、ブラックな会社も多くあります。仕事に見合った給与が払われないと不満も爆発し、転職を考えたくなりますよね。

 

5.職場の人間関係

 

転職を意識する一番多い瞬間が人間関係のトラブル。働く上で最も大切になるのが人間関係。人間関係が悪くなると、精神的負担も大きくなるためストレスで体調を崩すケースも。

 

仕事の相談もできないような職場だと転職を考えるのは当たり前のことですよね。パワハラやセクハラ、いじめなど様々な人間関係の悩みがあると仕事行くのも辛くなるはず。自分の体調を一番に考えることが大切ですよね。

 

ただ、転職先の人間関係は入社するまでわからない。そこが転職の難しいところですね。

 

おわりに

 

いかがでしたか?

転職を意識したことがある人の半数が、行動を起こすまでに半年以上悩んでいると言われています。

 

事前にしっかりと将来設計や自分が本当にやりたいことなど考え、備えることで転職をするべきかやめるべきかわかるはず。

 

あなたが楽しく仕事をしていくためにも、人生のプランを立ててくださいね。

 

kareha/ライター

 

■イヴルルド流・転職のススメ【仕事を辞めるor今の職場に残る】
■仕事占い|今の環境でいいの?転職したほうがうまくいく?
■仕事でつぶされない4つの心構えとは

 

関連キーワード
転職】の最新記事
  • 転職|保育の現場で活躍する!夢を叶えたいならコレ!
  • 転職を先延ばしにするのはもったいない!自分らしく生きるための仕事の選び方
  • 辞めるべき?転職を意識した瞬間5選