別れてしまっても、まだ彼のことが好きで、彼を思い、どうにか再び一緒になれないか、一人で模索していませんか?

 

例え、どんなにつらい別れ方をしていても、本当に彼があなたにとって運命の相手なら、自然にヨリを戻すことは出来るもの。

 

そこで今回は、別れても復縁しやすいケースと復縁しにくいケースの違いについてご紹介します。

 

別れても復縁しやすいケース①「連絡すると返ってくる」

 

別れても復縁できる可能性が高い場合、まず彼に連絡をしても返事が来ます。「もう会えない」と言いながらも、彼女が一生懸命伝えようとしている姿勢には理解を示すのです。

 

別れてもいまだに定期的に連絡をとる関係なら、まだ復縁できる可能性は残されています。

 

破局といっても原因は様々で「浮気」などのように決定的な原因がある場合の別れもあれば、真剣に話し合い、お互いに好きだけど別れようというパターンもあります。相手からの連絡がきやすいのはどちらかというと後者のケース。この場合であれば、復縁の可能性が残されているのです。

 

別れても復縁しやすいケース②「別れた後も何度か話し合っている」

 

「別れる」ということが決まっても、それからもずっと話し合いを続けている(頻繁ではなくても)状態なら、復縁できる可能性は、まだ残されているかもしれません。

 

きっと彼も諦めがつかなくて、だからこそ別れた後でも話しあおうとしているのではないでしょうか。

 

かつてのように頻繁ではなくても、少しずつ会う機会が増えてきているなら、可能性はまだあるはず。お互いに心の底から納得できるまで話し合ってみて、復縁への糸口を探してみてください。

 

別れても復縁しにくいケース「彼の気持ちが完全に離れてしまっている状態」

 

彼の気持ちが彼女から完全に離れている場合は、がんばっても復縁が実現しにくいかもしれません。

 

具体的に言うと、彼がばかりが不満を溜めた状態が続き、その上での破局なら、彼は相当覚悟したうえであなたに別れを告げています。一度「もう無理!」と思った感情は、元に戻すのが難しいかもしれません。

 

それでも、どうしても諦めきれないのが恋心。その場合は、彼が落ち着くまで、しばらく放っておきましょう。

 

完全に距離を置いたからといって、その後必ず戻れるというわけではありませんが、しばらくしたら「やっぱり…」と思って貰える事もあるかもしれないので、まずは彼が冷静になるまで遠くで見守ってください。

 

別れても復縁しにくいケース②「喧嘩ばかりの日々だったなら…」

 

お付き合いしているとき、喧嘩ばかりの状態が続き、お互いに我慢ができなくて別れている場合、復縁は難しいかもしれません。

 

仮に復縁できたとしても、お互いに何が不満なのか把握して改善できない限り、また同じことを繰り返していくだけです。

 

その場合でも、どうしても彼のことが諦められないときは、まずはどうして喧嘩ばかりになってしまったのか原因を考えて、もしも自分に非があるようなら改善していくようにしていきましょう。

 

自分の非を認めるのはなかなか難しいことではありますが…そうしていくことで自分も成長するきっかけになるし、彼と復縁できたとき、今度こそは喧嘩せずにいい関係が築けるはずですよ。

 

おわりに

 

別れた後は、どうしても彼との思い出が美化されます。

キレイな思い出がよみがえってくると、どうしても「復縁したい」と思ってしまうものですが、本当に彼との復縁だけが前に進む方法なのかどうかは、慎重に考えた方が良さそうです。

 

ご紹介したケースを見て、「やっぱりヨリを戻したい」と思うか「彼のことはいい思い出にして前に進みたい」と思うのはあなた次第です。

 

悔いのないように自分の気持ちをしっかり確認した上で、恋を進めていってくださいね。

 

(山口 恵理香/ライター)

 

■出会いたい、復縁したい…まず第一に何をする?恋は「初動」で決まる
■復縁占い|あの人とヨリを戻せるとしたら、いつ頃?
■「元彼と復縁したい」と思ったら、ちょっと気に留めておきたいこと

 

関連キーワード
復縁】の最新記事
  • 別れた彼ともう一度やり直したい! 復縁メッセージの正しい送り方
  • 「元彼と復縁したい」と思ったら、ちょっと気に留めておきたいこと
  • 実際に復縁できたカップルから学ぶ、復縁テクニック
  • 元カレとの復縁を実現させるには、自分を変える必要がある
  • タロット|元彼は今あなたをどう思ってる?
  • 復縁のキッカケは誕生日メール? 復縁成功例から学ぶ復縁の秘訣
  • 【男子に聞いた】元カノにLINEしたくなる理由とは?
  • タロット|今、復縁の可能性はどれぐらい?