月日が過ぎるのは早いもの――。6月を迎えたいま、クリスマスまであと半年です。クリスマスといえば、季節が冬ということもあり、ひと肌恋しい時期ですよね。最も恋を意識するシーズンと言っても過言ではないでしょう。

 

長らく彼氏がいない女性にとっては、クリスマスほど恋人がほしいと強く願ってやまない人も多いのでは。今年こそ、彼氏がほしい――! そんな女性に向けて、今回はクリスマスまでに彼氏を作る方法を考えてみました。

 

彼氏になる人の条件を緩める

 

まず彼氏が欲しいと思って、なかなかできない人の特徴にはある共通点があるように思います。ひとつは、彼氏に対する条件が高いことです。

それこそ、顔がイケメンである。スタイルがモデル並み。職業が公務員と安定していて、収入も人並み以上など――。アラサーにもなれば結婚を意識することで、付き合う相手の条件が高くなってしまうのは、仕方のないことかもしれません。

 

でも、付き合う相手の条件が厳しくなるほど、彼氏はできづらくなるのが現実です。

そこで、彼氏に対する条件を見直してみましょう。

顔やスタイルにはこだわらない。仕事は正規雇用で働いていればなんでもよくて、とにかく性格重視。優しくて穏やかで、気が合う人――。

 

そんな風に条件を緩くすることで、日ごろ異性との出会いがあったときに、相手のことが気になる度合いがグンと上がるはずです。

また相手の欠点ではなく、相手の素敵なところを見る癖をつけてみて――。気になる人の数は、これだけで数倍増えるでしょう。

 

試しに付き合ってみる

 

次に気を付けたいことが、気になる人ができたら、試しに付き合ってみることです。前述しますが、アラサーになると結婚を意識することで、相手との付き合うときも、相手との結婚生活を先に考える女性が多いのでは。

 

でも、それだと付き合う敷居が上がり、彼氏ができづらくなってしまいそう……。あまり先のことをあれこれと考えすぎず、気軽な気持ちで付き合えるといいかもしれません。

 

気になる人ができることも、長らく恋をしていなかった人にとっては、貴重な出会いのはず。なかなか好きな人ができない人も多いと思うので、ぜひそうした出会いを有効活用できるといいですね。

 

「気になる」「いいな」と思う人ができたら、「試しに付き合わない?(笑)」と、冗談でもいいので、自分から話を持ち掛けてもいいのでは。

そのくらいの気軽さを意識しながら、まずは試しに付き合ってみる気持ちを大事にしてみてはいかがでしょうか。

 

日ごろから出会いを求める

 

ほかにも、大事なことは出会いを多く求めることです。友達に「誰かいい人いない?」と紹介してもらっていいですし、街コンや合コンに積極的に参加してもいいのでは。

 

最近では恋活アプリと、ネットからでも出会いを求められる時代ですよね。

そうしたアプリやSNSを活用して、少しずつ出会いを求めるのもいいと思います。

 

やはり、自分好みのいい出会いを求めるには、ある程度出会いを求めないと、なかなかお目当ての人は見つかりづらいもの。

「いい人がいない~!」と嘆く前に、出会いを求めることを習慣にして、出会いを重ねながらアプローチのテクニックを磨くことも視野に入れてみては。

 

彼氏を作る敷居を下げること

 

クリスマスまであと半年――。半年のうちに、こうしたポイントを繰り返し行っていれば、必ずひとりは気になる人ができるはず。

付き合って、「この人と合わないな……」とわかれば、別れてもいいのです。付き合うことを難しく考えず、ぜひ恋をすることを前向きに楽しんでください。

 

(柚木深つばさ/ライター)

 

■これがリアル!「彼氏がほしいのにできない女性」の特徴4つ
■あなたが半年以内に、結婚相手と会える確率は何%?
■「好きな人が出来ない」女子が試したいこと

 

関連キーワード
出会い】の最新記事
  • 縁結びママだから知っている!“出会えない人”の特徴とは……?
  • 【12星座別】春の出会い運!年度初めにすてきな出会いはある?
  • 社内恋愛における脈アリサイン
  • タロット|運命の出会いが訪れる前兆
  • 運命の出会いを知るために……おぼえておきたい「爪の白点占い」!
  • 12星座別!3月の出会い運
  • ネットから始まる恋……会ったことがない人を好きになったときどうする?
  • 金欠だけど出会いたい!お金をかけない出会いはどこにある?