2020年上半期はコロナショックで世の中に大きな混乱がもたらされ、多くの方が困惑の日々を過ごされてきたのではないでしょうか?
そんな2020年ももう折り返し。下半期こそは、すてきな時期にしたいですよね。
 
ここからは、実際に人気占い師である琉球風水志シウマ先生に「2020年下半期おすすめ開運方法」をお聞きしましたので、ご紹介していきますね!
 

 

突然ですが占っていいですか? で話題沸騰中!「琉球風水志シウマ」とは?

 

沖縄県生まれの有名占い師「シウマ」
 

シウマ先生_記事内画像1
 

風水師として活躍する母の影響を受け、大学生の頃から、姓名判断・九星気学等の東洋占術を習得しはじめる。
 
沖縄独自の風水学である「琉球風水」に加え、姓名判断・数秘を元にしたオリジナル占術「数意学」を編み出し、これまでに5万人以上を鑑定している。
 
その鑑定の恐ろしいほどの的中率に、口コミで話題が沸騰。2020年5月20日にはフジテレビ系列「突然ですが占っていいですか?」に出演し、その実力で注目を集めた。今、最も注目されている占い師の一人。
 
ここからは、いよいよシウマ先生に聞いた「2020年下半期、おすすめ開運方法」をご紹介していきます!まずは、2020年上半期の運気の流れからご紹介していきます。
 

琉球風水志シウマが教える! 2020年上半期 世の中の運気の流れ

 

2020年上半期は、コロナショックにより怒涛の変化を迎えた時期となりました。
シウマ先生に、琉球風水志の目線から「2020年上半期の運気の流れ」をご説明頂きました。
 
シウマ先生)日本は今年、大きなイベントであるオリンピックが予定されていました。
下半期は、本来ならオリンピックに向けて経済も盛んになったでしょう。
そして、世界中から日本に人が集まり、日本全体の雰囲気が盛り上がり、運気も上がっていく年であったはず。
 
暦の上でも九星気学上、今年は「七赤金星」という年でした。
「七赤金星」は、サプライズ、お祭り、プライベート、娯楽とリンクしているので、本来なら日本の「おもてなし」文化が注目されて、世界的にも楽しい一年になるはずでした。
 
ところが、2020年、世界全体の運気が下がってしまった。
琉球風水的に見れば、目覚ましい発展が人間社会を潤す一方で、その動きが早すぎる。という自然界からのメッセージだったのではないでしょうか。
 
これまでにも、啓示的な出来事として天災などが相次いだけれど、それでも人間の歩みは早いままでした。
その中で発生したコロナ禍は、「少し動きをゆっくりしましょう」という意味が込もった出来事だったのではないかと考えます。
 
国際情勢においても、七赤金星が象徴する「みんなで楽しもう」という気運ではなく、大国同士の摩擦など、人間社会は争うことをやめなかった。
人間から見れば、世界全体の運気が下がったわけですが、運気のほうから見れば、人間の動きを止めたというべきかもしれません。
 

琉球風水志シウマが教える! 2020年下半期 世の中の運気の流れ

 

自然
 

それでは、2020年上半期の運気を踏まえ、2020年下半期はどのような世の中になっていくのでしょうか?琉球風水志の目線からご説明頂きました。
 
シウマ先生)下半期のスタートに向けて、日本全体から宣言解除されました。まだコロナウイルスの影響はあるので、本当の解放ではないけれど、人の動きは増え始めています。
 
2020年、ここから先は緩やかな上り坂。運気はあがっていきます。何度も言うように七赤金星は、本来楽しむべきとき。
それを考えると、娯楽という意味では、スポーツやイベント事が少しずつ動き出したこのタイミングから、明らかに運気はあがっていくはずです。
 
また、目に見えないウイルスと戦うにはどうすればいいか、この問題に対抗するため専門家の研究結果が少しずつ発表されてきています。
 
暦から「子」の年は「未知なるものまたは古代のものが掘り起こされたりする可能性大」。
 
また「子」の年は健康に気をつけるなど健康面に不安が出やすいときでもあり、「喉」や「肺・気管支」に弱点がある「七赤金星」の特徴と新型コロナウィルスの症状が合ってしまっていることから、楽しいはずの「七赤金星」の特徴ではなく、健康面の「子年」の部分が強く出てるなと、一応ちゃんと「暦」通りで暦のリズムは間違えてないなと思っています。
 
そしてこの「子」が表す部分に対して「どう対策していくのか?」という事が、下半期の一番のポイントになってきます。
「子」は水を表すので、ワクチンが普及していない今は、アルコール消毒などの「水」を使った対策をとっていくという事が大切、という見方も出来ます。
 
また、琉球風水志として気づいたことがあります。
日本人の感染者数は世界的に見ても少なく抑えられています。これはなぜか?
私の気づきは衛生面でした。
 
これは、世界を巡ったことがある人ならおわかりでしょうが、日本のトイレほどきれいなトイレは珍しいのではないでしょうか。
下水のインフラが整っていない地域では、トイレの設備が弱いといいましょうか。
今回、そういった地域を持つ国ほど感染者が多い印象です。
 
トイレが汚くなる、つまり直接的にウイルスに触れる機会が増えることになり、衛生面が弱くなる。感染が広まりやすいのはそのせいもあるのではないか、と私は考えました。
 
琉球風水志からの意見として、「汚れた水を流すところをきれいにする」ということは、やはりトイレが一番のポイントになりますね。
 
また、実現するかどうかはさておき。衛生面が行き届いた日本のトイレを参考に、世界のトイレが生まれ変わることは、世界の衛生面を保つのに一役買うのではないでしょうか。
 

悩み別! 2020年下半期のおすすめ開運方法

 

光を浴びる女性
 

コロナ禍を受けて「全体的な運気が下がっている」と感じる方や「新しい出会いが欲しいのに、なかなか出会いの場所に赴く事が出来ない」……等、起こる悩みはそれぞれですよね。
 
ここからは、悩み別にシウマ先生に「おすすめの開運方法」をご紹介頂きました!
 

①コロナ禍で全体的な運気がさがっているように感じる人に向けたおすすめ開運法とは?

 

シウマ先生)大事なので何度も言いますが、トイレをきれいにすることです。
 
またトイレの空間では、スマホや漫画、新聞などは持ち込まない。
そして、それらを出来るだけトイレの中では見ない、読まない事が大切です。
トイレは決して良い気が集まるところではないので、長居しないことがポイントなのです。
 
最近は、スマホやタブレットなど持ち歩くのが当たり前です。
メッセージのやり取りや、動画など楽しめるコンテンツも増えていますが、トイレの中ではなるべく我慢することをお勧めします。
 

②コロナ禍で出会いの場へおもむけない人へのおすすめ開運法とは?

 

シウマ先生)いまの時期だからこそできることがあります。
この出会い運をアップさせる開運法は、恋愛に限らず、仕事も含めたものです。
 
出会いを考えたとき、琉球風水的には“窓”が重要になります。
窓ガラスが汚れていたり、カーテンやカーテンレール、窓の淵にホコリが溜まっていたりすると、運気を下げる要因になります。
 
今、外出できるようになりましたが、いまだにステイホームの意識は残っています。
自宅にいる時間が長い今のうちに、外に出づらいからこそ、この開運方法を実践してみてください。
 
この先事態が収束してきた後に、改めて出会いの場におもむく際にも、お家の中でSNSやアプリで出会いを求めている際にも「良い出会い」を引き寄せやすくなります。
 
ぜひ家にある、すべての窓をキレイにする意識をもってみてください。
 

③コロナ禍で恋人や好きな人に会えない人に向けたおすすめ開運法とは?

 

シウマ先生)こちらも、今だからこそのポイントがあります。
好きな人に限らず、人と会えないときは寂しくなりますね。好きな人ならなおのこと。その寂しさを埋めなければいけません。
 
寂しさを埋めるのに大切なのは行動すること。ですが、簡単にできることでいいんです。
例えばスマホやパソコンの画面を、好きな相手の写真に変える等は、シンプルですぐにでもできる方法。ですが、やはり他人に見られると恥ずかしいという方も多いですよね。
 
その場合は、撮りためた写真を良いショットだけ残して整理したり、お気に入りの写真をフォルダ分けしたりして、好きな人を見ながら寂しさを埋める作業をしたほうがいいでしょう。
 
写真や動画には思い出が詰まっています。旅行に行ったときのことや、食事をして楽しかった時のことなど、会えない時だからこそ、記憶を呼び戻すよう後ろを振り返ることも大切です。また会えない時期に、ちょっと冷めかかってる気持ちを呼び戻す作業としても有効です。
 

④コロナ禍で収入が減ってしまった人に向けたおすすめ開運方法 風水術

 

シウマ先生)ご自宅には、ドアノブや蛇口など金属でできた部分があると思います。
そういった金属部分を積極的に掃除するとよいでしょう。
 
端的に言えば、手あかがついていそうな金属部分。特に、水が流れる場所が重要です。
例えばお風呂場やシンクなどの金属部分を、出来るだけ細かくきれいに磨きましょう。
 
それともうひとつ。食後にフルーツか、フルーツジュースを摂りましょう。
フルーツは「実り」をあらわします。ジュースならば、100%果汁に近ければ近いほどよいでしょう。
 
子の年は「自分を整えて今後動いて行けるようにする」という時期。
ぜひ今だからこそできる、難しくない風水術で運気を高めましょう。
 

ズバリ! 2020年下半期おすすめの数字とは?

 

先生のオリジナル占術「数意学」では、その年ごとの開運数字が割り出せるそうです。
今回は、ずばり「2020年下半期におすすめの数字」をお聞きしてみました!
 
シウマ先生)2020年下半期におすすめの数字は、あえて言えば「13」です。
本来は七赤金星の年には合わない数字ですけれど、コロナ禍を受けた今年に限っていえば、明るく元気、前向きに楽しいことを見つけて元気に過ごせる数字なのでおすすめです。
 

おわりに シウマ先生からのメッセージ

 

シウマ先生_記事内画像2
 

最後に、シウマ先生からのメッセージを頂きました!
 
シウマ先生)コロナ禍で不自由になってしまったけれど、この状況下でもしっかりと生きなければいけません。
 
この下半期は、楽しむことを考えて実践するとよいでしょう。
趣味がある人は楽しむ、趣味がない人は、少しでもハマれるもの、一つでも楽しいと思えることを見つけることです。
 
なかなか趣味が見つけられない方は、今、世の中で流行っているものに触れてみて「だから流行っているのか」「だからこういう現象が起きているのか」と、流行りの理由を「知る」ことも楽しむことにつながります。
 
マイナス思考になってしまうのではなく「何かを楽しむ」という意識を大切にする事が、すべての運気に作用してきます。
ぜひ、2020年下半期は「楽しむ」という事を意識して過ごしてみてください。
 
(琉球風水志/シウマ)
(カナウ編集部)
 
■2020年下半期の運勢特集
■【2020年下半期】牡羊座(おひつじ座)の運勢|総合運・恋愛運・仕事運
■【12星座別】2020年下半期の総合運

占い】の最新記事
  • 人気占い師・琉球風水志シウマ先生に聞いた!携帯番号で占う、あなたの運勢
  • コロナ禍で疲弊しているあなたを癒す、人気占い師・シウマ先生の開運アドバイス
  • 琉球風水志シウマ先生に聞いた!名前の画数で占う、運勢ランキング
  • 琉球風水志シウマが教える、あなたの背中を押す琉球風水の考え方
  • 2020年9月2日、うお座の満月~ハーベストムーンの重要なメッセージ
  • 12星座別!イメージに近い宝石と、あなたのキラキラした魅力
  • 【12星座別】12月のグレートコンジャクションに向けて!これからの過ごし方や、意識しておきたい事
  • 占い師が教える!幸せを掴む人の占い活用法とは?