犬といえばどんなイメージですか?
賢い、忠実、吠えるなど…人間のパートナーとしての地位を築いてきた存在であり、比較的良いイメージを持つ人が多いでしょう。
 
そんな犬のイメージに合うような人物、つまり「犬っぽい」人を星座別のランキングにしてみました。
 

 

 第1位・乙女座(8/23-9/22) 

 

乙女座は相手に尽くすタイプであり、もっとも犬っぽい性格をしていると言えるでしょう。
相手の役に立つことが大好きであり、言われなくても必要だと思うことは積極的にこなしてくれます。
 
多少の無理難題も聞いてくれますし、仕事のパートナーであればこれほど頼りになる存在はいません。伴侶としても優秀であり、必要とあればどんな役目でも引き受けてくれます。常識をわきまえているので、裏切り行為に及ぶことも滅多にありません。
 
欠点があるとするなら、主観的に動き過ぎるので、相手の気持ちを無視してしまうことでしょう。つまり余計なお世話になってしまう可能性があるのです。恋愛でもただの便利屋さんになってしまい、恋愛対象から外れてしまう結果になることがあります。
 

 第2位・山羊座(12/22-1/19) 

 

山羊座は忍耐強く、相手に忠実なため、犬っぽい性格をしている星座といえるでしょう。
 
世話を焼く星座であり、そこに自分の使命や運命を感じてしまうのです。乙女座との差があるとすれば、マイペースなところがあるため、周囲に気を使わない点で劣るぐらいです。
 
仕事のパートナーであれば、率先して泥水をかぶりますし、根気よく結果が出るまで一緒に歩んでくれます。伴侶でもそれは同じで、問題解決のために率先して動いてくれるでしょう。無理強いをすることもありません。
 
ただし、野心的なところがあるので待遇の面で不満があると、それを口にしたり、反旗をひるがえしたりします。
恋愛に関しても、相手にただ利用されているだけということがあります。
 

 第3位・牡羊座(3/21-4/19) 

 

牡羊座は自分が認められたいという願望が強いため、活躍の場所を与えてくれる人や会社に対して忠誠的であり、犬っぽい星座と言えるでしょう。危険な場所への移動や難しい局面での対応なども、苦になりません。
 
フットワークが軽いので、仕事のパートナーであれば率先して動いてくれます。伴侶としても家庭を大事にする意識が強いため、ストレスがかかるような状況でも我慢強く対応してくれるでしょう。愛情も深く、よほどのことがない限り裏切りはありません。
 
ただ、性格的に飽きやすいため、継続力があまりないことです。変化を求めないのですが、変化がなければ活力が失われていく傾向にあります。
 

 第4位・魚 座(2/19-3/20) 

 

魚座は組織のなかに居場所を求めるため、犬っぽい性格に分類されるでしょう。会社や自分が尊敬する人物に対しては忠誠を誓い、多少の無理難題も聞き入れます。
 
常識を重視するため、世間体を損なうようなことはしませんし、できません。ただ、自己顕示欲が強いので、それが満たされないと、問題行動を起こす傾向があります。
 

 第5位・天秤座(9/23-10/23) 

 

天秤座は調和を重んじる傾向があり、そのなかに安心を求めるので、犬っぽい性格に分類されるでしょう。
調整役して優秀であり、周囲からも信頼され、愛される人物になります。
 
調和を望む反面、劇的な展開に憧れを抱いていることが多く、その時が来ると、すべてを捨てでもそれを得ようとします。
 

 第6位・牡牛座(4/20-5/20) 

 

牡牛座は社会性を重視するため、非常に忠誠的であり、犬っぽい性格に分類されるでしょう。
ただ、犬は犬でも番犬タイプなので、信頼はされるけど、警戒もされる感じになります。
 
また自分だけは特別な存在であると勘違いして、道を踏み外してしまうことが、多々あります。
 

 第7位・蟹 座(6/22-7/22) 

 

蟹座は愛嬌があり、物事をスムーズに進めようとする点においては、犬っぽいと言えるかもしれません。
ただ、愛される存在ではありますが、会社や上司に対して忠誠的であるとはいえません。自由に振る舞うという点においても、犬のイメージからは離れています。
 

 第8位・双子座(5/21-6/21) 

 

双子座は人と人の間で実力を発揮するタイプであり、指示した通りに従うという点においては、犬っぽいと言えるかもしれません。
ただ、野心的で自分中心に物事を進めようとするので、犬のイメージからは離れてしまいます。
 

 第9位・射手座(11/23-12/21) 

 

射手座は自由を好み、目的こそ果たそうとしますが、そこに誰かの意志を働かせるのは不可能なため、犬っぽいとは言えないでしょう。
会社や大切な人の前で忠誠を誓っている振りをするのは得意です。
 

 第10位・蠍 座(10/24-11/22) 

 

蠍座は組織に対する帰属意識こそありますが、自分の信念を曲げることはないので、犬っぽいとは言えないでしょう。
自分の道をただひたすらに求めていくだけです。
 

 第11位・水瓶座(1/20-2/18) 

 

水瓶座は自分の思い通りに動くことを重要視するため、犬っぽさの欠片もないでしょう。
きまぐれで頑固な一面もあるため、どちらかといえば猫っぽい性格です。
 

 第12位・獅子座(7/23-8/22) 

 

獅子座には自分の世界しか存在しないため、犬っぽさも存在しないでしょう。
実力主義で自分が命令することはあっても、誰かの命令を聞くつもりはないため、イメージは星座と同じく大型猫科よりとなります。
 
(ウイッカ[Wicca]/Writer)
 
■【12星座×血液型別】包容力のある男性ランキングTOP10
■【12星座×血液型別】優しい男性ランキングTOP10
■12星座別!猫っぽい星座ランキング

星座】の最新記事
  • この星座は怒らせないで!キレるとヤバい星座ランキング
  • 11月30日双子座の月食│ビーバームーンのメッセージ
  • まっまぶしい!光属性過ぎて眩しい星座ランキング
  • 11月15日蠍座新月│未来に種まきを
  • 血液型別×12星座|一途な男性ランキング
  • この星座には絶対適わない!浮気、不倫さえも許してしまうかもしれない優劣相性!
  • 血液型別×12星座|硬派な男性ランキング
  • 10月31日、牡牛座満月~ブルームーンが伝える大切なこと