初めての育児で不安なとき、同じ経験をしているママ友ができたら心強いですよね。

 

ですがあまりにママ友グループとべったりしすぎると、それはそれで息苦しく感じがちです。

 

ということで今回はママ友グループと適切な距離を保つためのヒントを4つご紹介していきます。

 

 

ママ友グループと適切な距離感を保つヒント1:他のコミュニティも大切にする

 

ママ友グループと密着してしまったり、ママ友グループ内での評判を過剰に気にしてしまったりする理由の一因は、そのコミュニティを重視しすぎているからです。
 
職場や、趣味の集まり、学生時代の友人たち、両親、など属するコミュニティが多い人のなかには、ママ友との付き合いは一切不要だ、と感じている人もいます。
 
ママ友グループひとつを頼りすぎていて、そこが全世界のようになってしまうと、そこでの立ち居振る舞いを異様に気にするようになってしまいリラックスできません。
 
ママ友グループと適切な距離を保つためにも、その他のコミュニティを大切にしましょう。
 
専業主婦だし、そのほかのコミュニティなんてない、という方は、バイトを始める、趣味の集まりに出かける、など新しい一歩を踏み出してみましょう。
 

ママ友グループと適切な距離感を保つヒント2:個人情報・噂話・愚痴は控えめに

 

ママ友グループといくら仲良くなったからといって、個人情報を話すぎるのは危険です。
 
また、噂話や愚痴は控えめにしましょう。ママ友グループでゴシップばかりの会話になってしまうと、自分自身がそのゴシップのネタになってしまう日が来るかもしれません。
 
悪口、愚痴、噂話はほどほどにしましょう。
 

ママ友グループと適切な距離感を保つヒント3:お金、宗教、政治の話はしない

 

お金の話、宗教の話、政治の話は、関係にヒビを入れるきっかけになりがちです。そういった突っ込んだ話は親友や家族となら時間をかけてすればよいのです。
 
子どもを介さなければ会うこともないだろう、と思う程度のママ友との間では、深い話はしない方がお互いのためです。
 

ママ友グループと適切な距離感を保つヒント4:お金の貸し借りはしない

 

お金の貸し借りはトラブルのもとですから、やめましょう。どうしても貸したいと思うならば、返金されない覚悟で、このお金はあげたんだ、と思える金額だけにしておきましょう。
 

ママ友は本当の友達じゃないの?

 

ほとんどの場合、ママ友は友達ではなく、子どもがいなければ会うこともない、子育ての同志のような存在です。
 
ですから、子育てがひと段落したら、縁が切れることも多いようです。そういった一時の関係のママ友とは浅く、適切な距離を保ちつつ付き合うのがよいでしょう。
 
ですが、中にはママ友になったことがきっかけに、友情が芽生えたり、親友になれることもあります。そういった相手に出会えたあなたはとてもラッキーです。
 
大人になってから新しい友達ができることはあまりありませんから、その関係を大切にしていただきたいと思います。
 
(今来 今/ライター)
 
■一見大丈夫そうだけど、近づかないほうがいいママ友タイプ4選
■そのママ友大丈夫?付き合いを考えた方が良い危険なママ友エピソード
■めんどくさすぎ!ママ友との関わりで起こりがちないざこざ4選

人間関係】の最新記事
  • 返事に困るママ友LINE5選
  • 血液型×12星座|腹黒ランキング
  • 九星別|簡単にわかる!世渡り上手ランキング
  • 見極めろ!ママ友グループとの適切な距離感
  • 【体験談】意外!? 女の友情が壊れたきっかけ4選
  • 一見大丈夫そうだけど、近づかないほうがいいママ友タイプ4選
  • 【お悩み相談】「教えて!自己防衛おじさん!マウンティングしてくる友人から自己防衛する方法」
  • 九星別|簡単にわかる!性格に裏表があるランキング