誰だって、周りの人たちから煙たがられるような存在にはなりたくないはずです。

 

そういった意識を持っているのなら、普段の何気ない行動にもきちんと注意を払うことが大切です。

 

そこで今回は、将来「愚行おばさん」にならないために大事なことについて紹介します。

 

 

頭ごなしに「否定しない」

 

「よくわかってないくせに、とりあえず否定してくる人って、本当に頭にきますね。
絶対にわかり合えない人なので、もう関わらないようにしようって思っちゃいます」(20代男性/WEBデザイナー)
 
自分の意見を否定してくる人に対して、いい印象を持つ人はまずいないでしょう。
 
特に、頭ごなしに否定をされたら、「この人には話しても意味がない」と思われてしまうだけ。
 
反対意見や自分の考えを述べるのは悪くないですが、否定から入るような言い方をするのはやめるようにしてくださいね。
 

「違う考え」も受け入れる

 

「『自分の考えが絶対!』みたいにはならないように気をつけています。色んな意見を聞いたほうが、自分の視野もどんどん広がっていきますしね」(30代女性/広告代理店)
 
物事に対する考え方や価値観というのは、人それぞれ違って当たり前。
 
それなのに、自分と違う考え方をする人を非難したり拒絶したりしてばかりいると、あなたの周りからはどんどんと人が離れていってしまうでしょう。
 
さまざまな考えを受け入れたうえで、自分の意見も発するようにすると、新しい出会いや発見が増えていくはずですよ。
 

自分の「非」を認める

 

「明らかに間違ったことをしているのに、謝ってくれない女性にはがっかりしてしまう。
ああいう女性にはならないようにしないとって、すごく感じちゃいます」(20代女性/IT)
 
失敗やミスは誰にだって起こるものなので、それ自体は悪いことではありません。
 
でも、自分の非を決して認めようとせず、誰かのせいや環境のせいにすることが多いと、誰からも信用されなくなってしまうかも。
 
素直にお礼と謝罪の言葉を言える人は、それだけでとても印象が良くなるので、好感度だって高くなるものですよ。
 

「人の話」に耳を傾ける

 

「自分の話ばっかりをずっとし続ける女性って、めちゃくちゃ苦手です。
ただ疲れるだけなので、なるべく話しかけられないように避けていますね」(30代男性/建築関係)
 
自分の話にきちんと耳を傾けてくれる人には、「わかってくれる人」という思いを抱くもの。
 
逆に、話を聞いてくれない人とは、うまく通じ合えない感じがするので、なかなか打ち解けることもできません。
 
自分の話をするのも大事ですが、一方的にはならないように、「話すこと」と「聞くこと」のバランスは意識するようにしたほうがいいですよ。
 

さいごに

 

自分のことばかりではなく、きちんと相手を尊重した言動を取ることは何よりも大切です。
 
そういったことがいつでも自然にできる女性は、男性の目にもとても魅力的に映るはずですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■アラサー女性が不毛な恋をしないために必要なこと4選
■大人の恋愛教則|アラサーの恋の始め方
■アラサー女性は注意!おば見えアイテム4選

人生】の最新記事
  • 年末年始はリセットの時期、心身共にリセットするためには?
  • メンタルが強い人がやっている!「自信喪失」から立ち直るための方法
  • 「失敗したとき」メンタルの強いひとがやっていること3選
  • 恋愛に悩まない人がやっていること「3つ」
  • 12星座別|ハートが強い星座ランキング
  • 血液型別|ストレス解消・メンタル回復法
  • それでは嫌われちゃう!将来「愚行おばさん」にならないために大事なこと
  • 【12星座別】夢見がちな人ランキング