みなさんは、過去におまじないをしたことがありますか?実は、筆者自身かなりおまじないが好きです。小学校2年生の頃には、おまじない大辞典という本を親に買ってもらいました。しかし、この本を買ってもらう経緯についても、おまじないを使用しています。

 

今回の記事では、かつておまじないオタクだった筆者が試して実際に効果のあったおまじないを紹介します。

 

欲しいものを相手に買ってもらいたい

 

小学校2年生の頃、ふと本屋で何気なく見かけた「おまじない 百科10000」という本が無性に欲しくなりました。その時、親の背後から「本が欲しい」と強く念じたら、突然親から「本買ってあげようか?」と言われたのです。これには、まだ小さかった私もビックリしたものです。

 

この時に意識したのは、相手の額にテレパシーを送るような気持ちで念じ続けたことです。私の親は、普段はクリスマスか誕生日しか子供に物を買い与えません。時には、何か買ってくれることもありますが、親がパチンコで勝った時に商品をもらうなど特別な時のみでした。どうしても欲しいものを相手に買って欲しい時に、この念じ方はオススメです。

 

どうしてもかなえたい願いがある時の、とっておきのおまじない

 

私の親は、どうしても子供の試験が受かってほしい時など氏神神社に毎日500円のおさい銭を入れて祈っていたようです。実際に、試験を受けた私や弟も志望校に受かっているので効果はあるのかもしれません。

 

また、私の知人で離婚した人がいるのですが、神社に通い詰めていたようです。その時は、おさい銭も奮発していたようですね。願い事がある時だけではなく、願いがかなった後も「ありがとうございました」と感謝を伝えにもいっているようです。

 

過去に、私自身も学校でいじめられていた頃に毎日家の近くの小さなほこらのような所に手を合わせていました。その後、親の転勤が決まっていじめから逃れることができました。このように、どうしてもかなえたい願いがあるのであれば、家の近くにある氏神神社に通うのがいいのかもしれません。

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 【性格診断】おでんの変わり種、どれを選ぶ?答えでわかるあなたの人生
  • 【12星座別】健康法
  • タロット|願いをかなえる魔法の言葉
  • 【12星座別】2月の総合運
  • 逆境に強い星座ランキング
  • 出張マジレスホロスコープ#3「人生が空っぽだと感じます」
  • 幸せになるヒント!「自分らしくいること」が難しい理由
  • 1/20は大寒。昔ながらの暦で強運を育てる方法