芸能人にもファンが多い占い師、イヴルルド遙華さんは、自身の年間手帳『強運ダイアリー2018』(主婦の友社)に日本古来の暦を載せています。

 

これは、日本の季節を楽しみ、暦の意味を理解して運気に乗ることが大事だと考えるため。

6月は梅雨入りもあり、季節の変わり目になりますが、どう過ごすのが良いのでしょうか?

 

日本の暦にはすべて意味がある

 

イヴルルド遙華さん)私が作った年間手帳『強運ダイアリー』(主婦の友社)には、六曜(ろくよう)や選日(せんじつ)を記載しています。

六曜は「大安・仏滅・先勝・先負・友引・赤口」のことで、選日とは、「十方暮・大つち・小つち・三隣亡・天赦日・天一天上・八専・不成就日・大祓・土用・一粒万倍日」のことをいいます。

 

これは昔からある日本の暦で、結婚には大安を選ぶというのは、今でも意識されていますよね。

また、一年を24等分した暦、二十四節気というのもあって、こちらは春夏秋冬に合わせた内容になっています。

 

古来から伝わる暦には、季節や人々の生活に即した意味がちゃんとあるんです。この時期はこんな食べ物を食べると良いとか。「土用の丑の日にウナギを食べる」は有名ですが、これは夏の暑さに負けないスタミナをつけるという意味ですよね。

 

丑の日のウナギ以外にもたくさんあって、暦には人がより良い生活を送るために大切な情報が、たくさん盛り込まれているんですよ。

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 1/20は大寒。昔ながらの暦で強運を育てる方法
  • 【12星座別】どこに幸せを感じる?幸せのつかみ方
  • 忙しい毎日にぐったり……心も身体も疲れたときに試したいストレス解消法
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の総合運
  • 【12星座別】2019年1月の総合運
  • 12星座別!2019年のテーマカラー
  • 最高の年にするために!新年にやっておきたい5つのこと
  • 【12星座別】2019年の開運行動