2018年もいよいよ最後の月になりました。泣いても笑っても、12月で今年はおしまい!

 

11月までを振り返ってみて、「充実していた」と堂々と言えるならいいのですが、「大したことなかった」という印象しかない場合、どうすればいいんでしょうか? 12月の一ヵ月だけで、今までの十一カ月分を取り戻せるとは思えないのですが……?

 

今週も、人気占い師のイヴルルド遙華さんにお聞きします!

 

2018年がパッとしない場合、来年に賭けるしかない?

 

イヴルルド遙華さん)今年は何もなく終わってしまった。叶えたい夢は実現しなかった……そういう人もいるかもしれません。でも、今あまり充実感を得られていない人の中にも、2パターンいると思います。

 

一つは、本当に何もしないで、努力がたりなかったパターン。

そしてもう一つは、精一杯がんばったけれど、自分が満足できるほどではなかったパターン。

 

努力がたりなくて「大したことなかった」と感じるなら、本当に来年に賭けるしかないと思います。今年は年末まで反省……どうすればやる気を出して行動できるかとか、考えるといいんじゃないでしょうか。

 

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 【性格診断】おでんの変わり種、どれを選ぶ?答えでわかるあなたの人生
  • 【12星座別】健康法
  • タロット|願いをかなえる魔法の言葉
  • 【12星座別】2月の総合運
  • 逆境に強い星座ランキング
  • 出張マジレスホロスコープ#3「人生が空っぽだと感じます」
  • 幸せになるヒント!「自分らしくいること」が難しい理由
  • 1/20は大寒。昔ながらの暦で強運を育てる方法