仕事を終えて、倒れるようにベットへGO

夕食もコンビニのお弁当でどうにか済ませて、くたくたのまま翌日を迎える…。本当はもっと健康的な、理想の生活に近づけたいのに、なかなかそうはいかない現状。

 

今よりももっと健康的なライフスタイルを送れるように、少しずつ現状の課題を解決していきましょう。今回は、健康的なライフスタイルへとより近づける方法をご紹介します。

 

少し早く寝る、少し早く起きる

 

睡眠の質を上げたいと思っても、仕事を抱えている以上、そんなに簡単に劇的には変えられません。たとえば、夕食は睡眠の3時間前までに終えるといいと聞いても、ハードな生活の中、それをルール通りに守るのは、なかなか大変です。

 

睡眠環境の質を上げたい場合は、今よりも少しだけ早く寝る、あるいは少し早く起きるを心がけた方がいいかも。

 

急激に変えると、身体にストレスがかかるので、まずはほんの少しだけ早く寝る・早く起きる、ということからスタートさせた方がいいのかもしれません。

 

運動習慣を取り入れる

 

運動しなければと思いながらも、結局は会社と自宅を往復するだけの日々…。あっという間に週末を迎え、お休みはお休みで用事があったりと、運動する習慣から遠ざかっていませんか?

 

運動量が減ったうえに食べる量が多くなれば、どうしても体重は増加し始めるはず。今よりももっと健康的なライフスタイルを目指したいのであれば、運動量を増やすというのも重要な課題にはなってくるでしょう。

 

「時間がない」というのは、おそらく自分に対する言い訳。本当は運動する時間があっても、きっとそこに意識が向かないだけ。たとえば、電車で移動しているときも、すべて階段を上ったり、会社ではお昼休みに階段を上り下りすることを決めて実行に移すだけでも、運動をしたことにはなるはずなのです。

 

何もしないよりは、動くことにはなります。運動を遠ざけるのではなく、もっと身近に楽しめるように環境を整えてみては?

 

プロの力も必要!

 

健康的なライフスタイルへと変えたいと思ったときに、プロの力は必要です。やはりどんな分野もプロがいて、それなりに費用をかければ多角的に「健康」について学べて、さらにはサポートしてもらえます。

 

最近ブームのパーソナルトレーニングも、多少お値段はしますが、コツコツと取り組むことで身体の状態が少しずつ変化し始めます。私は、実際にヨガのパーソナルプログラムを受けてみて、メンタルの状態とモチベーションが劇的に変わりました。

 

すべてをプロにお任せできなくても、部分的にサポートしてもらうことで、トレーニングだけではなく健康や美に関する知識も同時に得られます。全部を独学・独自のやり方で進めるよりも、きっと効果に期待できるでしょう。

 

おわりに

 

今までずっと定着してきた習慣をいきなりすべて劇的に変えるのは、なかなか難しい。

 

少しずつ意識から改革することで、行動も習慣も変わり、今よりももっと理想的な暮らしへとシフトできるはず。プロの力も借りつつ、より上質なライフスタイルを目指してみましょう!

 

(山口絵里香/ライター)

 

■12星座別、いやされる方法
■心理テスト|どの給食が好きだった?答えで分かるあなたが健やかに過ごすコツ
■忙しい毎日にぐったり……心も身体も疲れたときに試したいストレス解消法

人生】の最新記事
  • 忙しい毎日にぐったり……心も身体も疲れたときに試したいストレス解消法
  • 彼氏や夫の帰りが遅くてもイライラしないためには?
  • タロット|未来を変える!? 仕事・恋愛で悩んでいた私が、幸せを掴んだ話
  • 人見知りでもすぐに人と仲よくなる方法
  • ピュアでも良いの?大人になっても残したい純粋性と捨てるべき純粋性の6つの違い
  • 12星座で占うあなたのラッキーカラーは何色?
  • 生理に対して男性が勘違いしていること
  • 【経年劣化】果たして、年を重ねることは悲しいことなのか?