風の時代への変化、それは個が重要視される流れとなります。

 

今までは集団性や新しいものに飛びつけば、うまく流れに乗れていたものが、それでは通用しなくなります。

 

実際にはどうのように注意したらよいのか、12星座別に解説していきましょう。

 

 

おひつじ座(牡羊座)

 

風の時代に入り、運命の流れ速度は今まで以上に早くなるでしょう。いつまでも同じ場所にいては、状況が腐ってしまうことに注意してください。
 
腐っていく状況のなかにいては、あなたも同じ運命をたどってしまうことになりかねません。
 

おうし座(牡牛座)

 

風の時代、社会的地位や金銭面だけで、周囲から評価されることは少なくなるでしょう。
 
権力的なもので押さえつけようとすると、反発だけが高まるので、予想外の結末を迎えることになります。ひとつひとつの個を大切に扱うようにしてください。
 

ふたご座(双子座)

 

コミュニケーションの重要性がますます高くなるので、双子座にとっては有利となるでしょう。
 
ただし、それだけ悪評も広がりやすくなるため、安易に悪口や悪意を言葉にしないように注意してください。口を滑らせたでは済まないほどの被害になるかもしれません。
 

かに座(蟹座)

 

自分の世界を持つのはよいことですが、それが必ずしも共感されるとは限らないでしょう。
 
理解して貰う必要があるのなら、自分だけの世界に引きこもらず、正しい情報を発信するようにしてください。あらぬ誤解をされると、世界そのものが壊されてしまいます。
 

しし座(獅子座)

 

自分ひとりだけの力ですべてを完結させるようなことはできなくなるでしょう。独断先行だけで進めるのは難しくなり、他の人の個を受け入れる度量が必要になってきます。
 
強引にひとりで進んでも、すぐに複数で動く者たちに追いつき、追い越されてしまいます。
 

おとめ座(乙女座)

 

外側だけで固めていく方法は、風の時代には無理な方法となるでしょう。
 
力や技術を持つ者に協力を頼むのはよいのですが、それらを利用して自分だけが利益を得るようなやり方は通用しません。
 
その手法は水の時代に使われていた悪徳な手段であることを理解してください。
 

てんびん座(天秤座)

 

個が優先される時代であり、調和や我慢といったものは重視されなくなるでしょう。
 
調整役になったとしても、それは協力があってできることであり、無理だと思えば自分を優先してください。それでもあなたへの評価は変わりません。
 

さそり座(蠍座)

 

自分らしさを求められる流れというのは、蠍座にとって優位な時代となるでしょう。その分、増長してしまう傾向があるため、そこにだけは注意してください。
 
過去の仕打ちをいつまでも根に持つようなことだけはやめてください。
 

いて座(射手座)

 

個が認められる時代となり、射手座にとっては水を得た魚のようになるでしょう。しかし、その行動力も度を越してしまうと、誰もついていけなくなります。
 
それは失笑をかうだけではなく、信用まで失ってしまいます。
 

やぎ座(山羊座)

 

自分からアプローチが必要な時代となり、積極性が求められるでしょう。
 
指示されていたことをやっていれば評価される時代ではないので、鵜呑みにしているだけでは、いいように利用されるだけの存在となってしまいます。
 

みずがめ座(水瓶座)

 

自由奔放に生きることを許される時代となり、水瓶座にとっては生きやすい時代への変化となるでしょう。
 
それが当たり前になってしまうので、抑制が効かなくなり、欲望の渦に呑み込まれてしまわないように注意してください。
 

うお座(魚座)

 

努力したことや結果を出したことよりも、新たな挑戦をしたことのほうが評価されるようになるため、難しい時代となるでしょう。
 
変化を受け入れなければ、時代に取り残された人生を送ることになりかねません。
 
(Wicca/ライター)
 
■不安を希望に変える方法とは?
■【12星座別】2021年4月の総合運
■メンタルの強い人が無意識にしている「5つの習慣」

人生】の最新記事
  • 【風水コラム】これだけは絶対やめておけ!風水的にNGな習慣
  • 5月病を防ぐまたは抜け出す方法
  • 4月27日蠍座満月│ラポールが生む安心と目覚め
  • 風の時代×12星座|時代の波に乗る方法
  • 12星座別|ついつい意識が向かなくなっちゃう苦手ポイント
  • 血液型×12星座|二面性のある性格ランキング
  • 12星座|風の時代に要注意!陥りやすい人生の落とし穴
  • 九星別|天才肌ランキング