意中の彼との仲を深めるために、LINEを活用している人は多いと思いますが、活字でのやり取りは、誤解を与えることもあるので、LINEには仲を裂いてしまうリスクも潜んでいます。
 
世に出回るLINEのモテテクも、関係性や相手の性格を考慮して使わないと、効力がないだけではなく裏目に出ることもあるので、男性を落とすには、関係性や性格を考慮したLINEテクを使わなくてはいけません。
 
そこで今回は、男を落とす必殺LINEを逆説的にご紹介。
ダメLINEから、有効的なLINEを探ってみました。
 

 

1.男性の名前を入れるのは程々に

 

「〇〇君」「〇〇さん」と名前を入れてLINEをするテクがありますが、彼があなたに無関心なら、くどいLINEになってしまうので、名前を入れる時は程々にしましょう。
 
会話の中で自然に入れるのがベストなので、「〇〇君はどう思う?」など、質問する時などに使ってみるといいですよ。
 

2.小悪魔テクの「ダメ」はキツい印象もある

 

「ダメ」は、小悪魔テクとして使えますが、LINEは活字なので、キツイ印象を与える可能性があります。
 
言葉なら、声色や調子で気持ちを伝えることができますが、活字はそこまで伝えてくれません。
 
もし、使うとしたら「だ~め♡」と使ってみて下さい。
「~」が柔らかい印象を与え、ハートがあれば可愛いLINEになりますよ。
 

3.文の長さ・テンション・返信速度を相手に合わせすぎるのもよくない

 

文の長さ、テンション、返信速度を相手に合わせるのはモテテクと言われていますが、相手に合わせ過ぎると非モテになることもあります。
 
長文や温度差を感じるLINEは論外ですが、相手に合わせるだけでは、つまらない女性でしかありませんよね。
 
それよりも、あなたのLINEで彼のテンションが上がり、楽しい気持ちになったら、きっと、あなたは特別な存在になると思いませんか?
 
男性は女性ほど共感を求めていないので、合わせるだけの守りの強い攻めでは、進展する恋も進展しません。
 
特に、彼があなたを恋愛対象としてみていないなら、何の効果もないので、恋愛対象としてみられていない相手には、合わせすぎないように。
守りの強い攻めは効果が弱いので、保身に走り過ぎるのはよくないですよ。
 

4.返信は遅らせない方がいい

 

好きな人からの返信が遅ければ、ヤキモキしてしまいます。
それは男性も同じですが、このテクはかなり難しいので、かけひきが苦手な人、相手が自分をどう思っているかがわからない人は、やらない方がいいでしょう。
 
まず、眼中にない女性の場合、遅かろうが早かろうがどっちも効力はありません。
次に、彼があなたを好きな場合、返信が遅いとヤキモキするでしょうが、「他の男と会っているのかも…」「彼氏いるのかな?」「俺は眼中にないのか…」と、ネガティブに捉えてしまう可能性もあるので、相手の性格次第では裏目に出ることもあります。
 
気にさせて、男性が追いかけたくなるように仕向けるためのテクですが、そう簡単に追いかけてくはくれないので、さっさと返信して、「俺に気があるのかも?」と思わせた方が恋は進展しやすいですよ。
 

5.既読スルー・未読スルーは活用しない方がベスト

 

既読スルーや未読スルーは、モテテクと思われがちですが、あなたに夢中な男性以外には効果を発揮せず、誤解を与える可能性が高いのでやらない方がいいでしょう。
 
理由は「返信を遅らせる」と同じなので詳細は省きますが、普通に考えて失礼な対応なので、塩対応が好きなM男性以外には活用しないように。
 

6.寝落ち終わらせはダメ!

 

LINEを続けるためのテクとして、「寝落ち」は有効的なテクニックですが、夜、好きな人からの連絡が急に途絶えると、あなたはどう思いますか?
 
「彼女いるのかな?」「LINE面倒くさいのかな?」「迷惑かな?」と思うのではないでしょうか。
 
たまに寝落ちを使うのは効果的ですが、頻度を考えないと逆効果なので、特に、休日前や休日の日に寝落ちを使うのは注意です。
 
ただ鈍感な男性には効果的なので、そんな男性には使っても構わないと思います。
 

7.誘いは簡単に乗ってよし!返信も早くていい!

 

まず、返信は早くても構いません。むしろ、早い方が好意を伝えられるため、恋は進展しやすいです。
あなたを全く好きではない男性は、「ガツガツし過ぎ」と思うかもしれないので逆効果ですが、そもそも好きではないのですから、先述した通り、早くても遅くてもどっちもどっちではないでしょうか。
 
また、誘いに簡単に乗らないというテクがありますが、お高くとまっていると思われることもあります。男性からしてみれば、勇気を出して誘ったのですから、下手な駆け引きで一蹴するのはよくありません。
 
彼がくじけず何度でも誘ってくれる保証はないので、誘いにはテンション高めで乗った方が、かわいいLINEになりますよ。
 

8.基本は受け身のスタンスで

 

あなたに少なからず好意を寄せている男性は、基本的に攻めてきます。
積極的にLINEをしてくるはずなので、女性は基本的に受け身で構わないでしょう。
 
頭ごなしに褒めるテクは使わず、あくまでも受け身で、LINEが楽しいという気持ちが彼に伝わるように、かわいい絵文字やスタンプは多用するのも忘れずに。
 

9.誘いやすいLINEをしてあげる

 

彼がなかなか誘ってくれない場合は、誘いやすいLINEをしてあげましょう。
これも、あなたに好意を寄せている男性に限ったテクニックですが、会話の流れから、「私も行ってみたいなー」「私も食べたいなー」と、ジャブを打てば、男性も「じゃあ今度…」と誘いやすくなります。
 
その他、「〇〇知ってますか?」「〇〇行ったことがないんですよね。」と、特定の場所を挙げて、ジャブを打ってみるのもいいでしょう。
 
その流れに持っていけるかが問題ですが、流れを無視して急に送っても、彼があなたに気があるなら、ほぼ誘ってくれるはずですよ。
 

さいごに

 

駆け引きをしないのが、実はモテテクなのです。
 
駆け引きは、同じく駆け引きをする人にしか効果がありません。
駆け引きをしない人にとっては、その意図を読み取るのが難しく、また、ネガティブに捉えてしまう恐れもあるので、駆け引きをすれば駆け引きをしただけ、裏目に出ることが多くなります。
 
実際、男性が好きな女性というのは、恋のテクニックに富んだ女性より、素直な女性ではないでしょうか。
思いやりからあえて返信しないとか、調子を合わせるのは良いですが、それ以外はしなくても結構です。
 
活字だけでは調子を伝えることができないので、絵文字やスタンプを活用するのは言うまでもありませんが、モテテクに必死にならず、素直な気持ちを伝えることができれば、きっと、男性がキュンとするようなかわいいモテLINEになるのではないでしょうか。
 
ただし! ダメな時は何をやってもダメなので、悪しからず。
 
(瀬戸 樹/ライター)
 
■好きな彼の心をつかむ!今すぐ使いたいLINEテク4つ!
■好きな人に送るLINEどうしたらいい?便利なテンプレート集
■男性が女性から来てキモいなと思うLINEメッセージ

恋愛テクニック】の最新記事
  • こんな仕草をされると好きになる!男性が勘違いする行動4選
  • 梅雨シーズンを有効活用!好きな人の前でアンニュイな雰囲気を演出する方法
  • モテる女性がしない5つのこと
  • これでイチコロ!彼女にされたい萌えしぐさ4選
  • 部位別!女性からの「ボディタッチ」に対する男性の本音
  • 駆け引きしても意味がない!? 男性が思う、駆け引きに対する本音と実態
  • 男女に聞いた!どんなLINEがきたらおもわず相手を好きになる?
  • 男性を落とす必殺LINEテク9選