ときめくようなセリフで告白されたいと思っても、現実問題、うまい言葉を言える男性はなかなかいません。

場合によっては、男性の真意が汲みきれず、告白の回答を保留にしたり、すぐさま断ってしまったりするでしょう。

 

今回は、男性のわかりづらい3つの告白のパターンと、それぞれの裏に隠された真意をご紹介します。

 

「俺と付き合ってみない?」

上のような軽い言葉で告白されたとき、ただキープしたいだけかと感じてしまう女性も多いでしょう。もしも彼がモテる男で、過去に何人も付き合っていて、現在でも言い寄ってきている女性が多いなら、その可能性もありえます。その上で二股や三股なら論外。

 

ただ、男性の「恥ずかしさの裏返し」という可能性もあるのです。女性経験が豊富な男性こそ、本気で告白するときには慎重になります。遊びで付き合うときの方が、むしろ甘美な言葉が出てきやすく、真剣になればなるほど緊張して素の自分が出てきてしまうでしょう。

そう。男性が「付き合ってみない?」と軽く言ってしまうのは、逆に本命彼女に求めている場合もあるのです。

 

いずれにしても、選択権は女性の方にあります。「どうしようかな?」と言って男性の様子をうかがいつつ、ぎこちない必死さが垣間見えたら、付き合ってみるのもアリかもしれません。

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「ダメな恋」と「いい恋」の5つの違い
  • おうちデートで男性がチェックしているポイント7つ
  • 男性が「女子にやって欲しい」と妄想していること
  • 彼女のことが大好き♡になりやすい男性の特徴とは?
  • 好きになりすぎてついつい…。恋にハマりすぎて母性が暴走したエピソード
  • 夫や彼氏がいても「許される遊びのボーダーライン」とは?
  • 顔相で開運!幸せを引き寄せる顔のポイント
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の恋愛運