いまや出会い方のひとつになっているマッチングアプリ――。日ごろ利用している女性もいるのでは?
人見知りをしてしまったり、引っ込み思案な性格だと、マッチングアプリは貴重な出会いの場ですよね。

でも、マッチングアプリの出会い方に、難しさを感じている人もいるのでは。
たとえばプロフィール画像、どこまで盛っていいのでしょうか?

盛り過ぎると、会ったときに「イメージと違う」となり、せっかくの出会いが無駄に終わってしまうことも。
そこで今回は、プロフィール画像の盛り具合を考えてみました。

カメラアプリは使ってなんぼ!?


自分の写真を掲載する際、カメラアプリで準備する女性が多いと思います。
カメラアプリは肌を白く、そして毛穴やニキビなどをキレイに補正してくれますよね。
実際にメイクをしていなくても、肌をキレイに見せられるので、実物とは感じが異なって見えてしまうこともあるでしょう。

それでも、女性としてはできるだけ、自分をキレイに見せたいですよね(笑)
顔がまったくの別人でなければ、肌補正は許容範囲と考えてもいいのでは……?
男性だって肌がキレイでない女性は、異性として見づらいでしょうからね。

ある調査によると、美人の女性よりも肌がきれいな女性のほうが、異性として惹かれるというデータが出ているそうです。
せっかくある便利な機能を使わないのはもったいない! ということで、少しでも魅力的なキレイな自分を撮ってみましょう。

実物とあまりに違うのはNG!?


問題なのは、撮った写真と実物があまりに違いすぎる場合です。
それこそ、実際のメイク顔よりも別人になり過ぎてしまう……。
それだと、あなたと会ったときの男性はギャップに戸惑い、「イメージと違った……」とガッカリしてしまうでしょう。

それこそ目の大きさ、肌の白さが、メイク時とあまりに違うなど――。
自分でメイクをしたときの鏡越しの自分と、カメラアプリで盛った自分とギャップがあり過ぎないか、客観視してみてください。

逆に実際のメイクで、カメラアプリで盛ったときと同じようなレベルに持っていけるのなら、そのメイクで男性と会えるといいかもしれません。そうすれば、少なくとも出会った際の男性のギャップは防げるはずです。

盛り具合が気になったら……


プロフィール写真は何枚か掲載する女性が多いのでは。
というのも、パターンの違う写真を載せられると、盛り具合をあまり気にしなくて済むかもしれません。

たとえば一枚は、カメラアプリで盛ったもの。もう一枚は旅行時に、友達にノーマルカメラで撮ってもらったもの――。
近くで撮った写真と、遠くから撮った写真の2枚用意できれば、ギャップが少なくて済むのでは?

盛り具合が気になるなら、こうしたやり方でプロフィール写真を作ってみるのもいいかもしれません。

さいごに


便利なものを有効活用しつつも、度を超えていないか。ちょっと冷静に見極められるといいですね。
ぜひそんな判断の目安にしてみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

■マッチングアプリで出会う男性と初デート!気を付けるべきは……!
■【SNS別・恋愛テクニック】戦略的に使えば、恋は実りやすくなる!?
■好きな人へのプライベートメール、この文面で送信して大丈夫?

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 男性が考える安心感の定義
  • ラブラブっぷりがあだに…半永久的に残る黒歴史「デジタルタトゥー」
  • 【12星座別】あなたは異性からどんな風に見られている?
  • 控えめだけどとても優しい!二黒土星男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 男と女のプライドがぶつかった時、折り合いをつける方法
  • 純粋な男性の特徴
  • 【12星座別】彼氏にするなら、○歳差の異性が相性ピッタリ!
  • 「幸せそうだな……」男性が彼女をほしがる瞬間ベスト5