カップルが破局を迎える原因として、「すれ違いが生じたから」というのはよく聞くもの。

 

付き合いが長くなると、どうしてもズレが出てきやすくなるので、早めにそこを改善していくべきでしょう。

 

そこで今回は、恋愛で「すれ違い」が起こる理由について紹介します。

 

 

「コミュニケーション」が足りない

 

「やっぱりちゃんとコミュニケーションを取っていないと、どんどん関係性って冷え切っていきますよね。そこをおざなりにするのは絶対にダメだなって思います」(30代・男性・調理師)
 
いつまでもいい関係性を保っていくためには、コミュニケーションが必要不可欠。
 
コミュニケーションが足りなくなると信頼も薄れていくので、当然ながら気持ちだってすれ違っていくでしょう。
 
付き合いが長くなると会話量が減りがちですが、大事なことはきちんと話していないと、絆はどんどん弱くなっていってしまいますよ。
 

「自分の意見」を押しつける

 

「自分の意見ばかりを押しつけてたら、すれ違っていくだけですよね。ワガママを言いすぎて、そういう失敗をしちゃったこともありましたね…」(20代・女性・販売)
 
自分の意見や考えを押しつけるようなことをすると、次第に窮屈に思われてしまうはず。
 
お互いの考えや価値観を尊重し合えないと、そもそもカップルとしてうまくはやっていけないでしょう。
 
押しつけるのではなく、「こういうのはどう?」と提案するような形にすれば、相手を嫌な気持ちにさせることはなくなりますよ。
 

「不満」を改善しない

 

「時間にルーズなところとか、連絡をちゃんとしてくれないところとかが嫌だったんですけど、我慢をしていました。でも、結局はどこかで限界がきちゃいましたね」(20代・女性・不動産)
 
一緒にいる時間が長くなれば、不満に感じる部分だって出てくるでしょう。
 
大事なのは、その不満をいつまでも溜め込んだままにはしておかないこと。
 
お互いに不満は吐き出して、改善すべきところは改善するようにすれば、我慢をしたりストレスを抱えたりすることは減っていくはずですよ。
 

「違う」ことを受け入れない

 

「恋人だからって、なんでもかんでも意見が合うわけではない。それをわかってくれない女性とは、付き合っていてもなかなかうまくいかないですね」(30代・男性・自営業)
 
価値観が同じであることが、カップルにとって大事であると多くの人が考えがち。
 
でも、本当に重要なのは、お互いの「違う部分」もちゃんと認めて受け入れることです。
 
違う考え方を楽しめるようになったら、すれ違いも生じにくくなるでしょうし、尊重し合えるカップルにもなれるでしょう。
 

さいごに

 

すれ違いが生じて溝が大きくなると、関係を修復するのも難しくなってしまいます。
 
お互いを尊重し合う気持ちだけは忘れないようにするのが、もっとも大切なことですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■片思い、曖昧な関係……彼の本音が見えない時に恋成就を確実にする方法
■心理テスト|手料理で分かる!彼との恋愛の相性
■カップルの「おうち時間」を脱マンネリ化するアイデア5選

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

恋愛】の最新記事
  • カップルタイプ別! おすすめのデートスポット5選
  • 最高のパートナー!男性が飽きない女性になるための隠れた努力5選
  • ひとりでゲームばかりしている彼に構ってもらう方法4つ
  • やってトクなし!男性が冷めはじめる、彼女の重い行動3選!
  • 仲良くなりすぎかも……「友達止まり」になってしまう原因
  • デート中にやるべき! 次も誘われるいい女テクニック4選
  • 俺にはこの子しかいない! 男性が「本気になる」タイミング
  • 生理中の彼女が彼氏に無言で訴えていること4選