こんにちは。マーメイドセラピスト富川めぐみです。

 

恋をすることで、よくも悪くも泣きたくなることはあると思います。
そんなときは、我慢せず涙を流すことで、素敵な恋愛を引き寄せることができるのです。
そんな幸せな「泣き方」をご紹介します。

 

「泣きたい」と思うのは悪いこと?

 

うれしくても悲しくても、恋は心を震わせ、さまざまな感情を味わわせてくれるもの。
切なさや温かさに胸が熱くなり、思わず涙が出そうになる。
しかし、目頭のじーんとしびれるような痛みに耐えながら、ぐっと涙をこらえようとする―—今までにそんな経験をしたことのある方は、少なくないかもしれません。

 

思わず泣くのをこらえてしまうのは、
幼いころに親や先生など周りの大人たちから「泣くなんてみっともない」と叱られたり、
「泣いてもなにも変わらない」などと突き放されたりした経験を通じて、
“泣くのは悪いことだ”と、深層心理に刷り込まれたからかもしれません。

そのため、泣くことに対して罪悪感を覚えたり、ネガティブな印象をもっていたりする人が結構いるのでは?

 

しかし、泣くことは、たまった感情を吐き出してみずからの心を整え、エネルギーを浄化するのにとてもいい行為なんです。
泣いてエネルギーを流すことで、素敵な恋を引き寄せるパワーを強めていけるんですよ。

 

エネルギーを整えて恋を引き寄せる「泣き方」について、くわしくお話します。

 

幸せな恋愛のために
「泣きたい」という欲求を否定しない

 

泣いちゃだめ!
——そうやって自分に制限をかけるとき、心はどう感じるのでしょうか。
胸がぐっと詰まるような感じがしたり、自己否定の言葉が湧いてきたり、我慢するほうが余計に苦しく感じられるはず。

 

それは、自分の欲求を禁止することでエネルギーが滞ってしまうから。
「泣きたい」という欲求を止めずに流すほうが、エネルギーは循環するのです。

湧いたものを流して外に出すと、また返ってくる―—それが正常なエネルギーの流れ。

 

ですから、泣きたいと感じたときは、我慢せずに泣いてしまいましょう。
もし、人前で泣くのがどうしてもはばかられるときは、無理に泣かなくても大丈夫。

 

その代わり、心の中で「私はいま、泣きたいんだね」と、自分の欲求を肯定する言葉を自分にかけてあげてくださいね。
すると、我慢するよりもずっと心が楽になるはず。
その緩んだ状態こそ、エネルギーが正常に循環している状態なんです。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 恋で自己嫌悪に陥ったら試してほしい3つのリフレッシュ法
  • イケメンだけど要注意!外面が良いだけで、本性がヤバイ男の見分け方
  • 国際恋愛のススメ! 独身アラサー・アラフォー女性が海外でモテる訳
  • 心理学を応用して好きな人との距離を縮める方法
  • まず恋愛対象になろう! 愛されるルックスの最低条件って?
  • 女性に聞いた! 元カレが一番よかったと感じる瞬間はどんな瞬間?
  • 12星座別!恋をしたら盲目になっちゃう星座ランキング
  • 第一印象と違う?良い人かと思っていたら実は違ったと気づく瞬間