はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

 

二村ヒトシさんの著書『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(出版社:イースト・プレス 2014年4月20日文庫版発売)を読みました。

二村ヒトシさんは、1964年11月27日生まれのセクシービデオ監督。

 

『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』は「心の穴」「自己受容」をキーワードに、なぜ楽しいはずの恋愛が苦しくなるのか⋯⋯ということに鋭く切り込んでいます。

 

今回は『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』を筆者が読んだ中でも、とくに発見させられたことを三つ紹介します。

 

発見その1.「自分を認めて、愛すること」が自己受容。

そもそも、自己受容って何?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者も、自己受容という言葉自体は見聞きしたことがあっても、具体的な意味までは知りませんでした。

 

この本によると「自己受容とは『私は、このままでいい。無理しなくても生きていける』と、ありのままの自分を認めて受け入れること」なのだそうです。

ナルシストとの違いは、ナルシズムは「自分への恋」だとすれば、自己受容は「自分への愛」だと考えると分かりやすいと記されています。

 

このナルシズムと自己受容はどちらも両立しているとは限らず、そればかりか、たいてい「自己受容していない人ほど、ナルシズムが強い」とも。

一見「自分大好き人間」に見えるのに、実は自分のことが大嫌い⋯⋯という人に、心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

これは矛盾でもなんでもなく、その人は「いわゆるナルシストではあるが、自己受容はできていない」ということだったのですね。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 意外と知らない!? 男性が告白を断る8つの理由とは?
  • 【12星座別】心の底から異性を好きになりづらい人ランキングベスト5
  • 実録:恋心が再燃! 同窓会は、先生や元カレと近づくチャンス
  • 今年は運命の恋をする!2019年の恋愛運を上げる方法
  • 出張マジレスホロスコープ#2「セクシーなお姉さんに緊張する」
  • 男性が恋に落ちる瞬間は「明らかに違う何か」を感じた瞬間です
  • 両思いかも!?「男性が本命の女性にしかしない言動」とは?
  • 血液型別!わがままランキング