「二股をかけられた」

「ひどい裏切られ方をした」

などひどい別れ方をした場合、普通に幸せだった恋愛の終わりよりも、引きずりやすくなる傾向があります。

 

でも
「元カレのことが憎い」
「あいつ、不幸になれ!」
と元カレへの憎しみにとらわれている状態って、幸せではありませんよね。

 

今回は、元カレへの憎しみとサヨナラをして、幸せになるための考え方についてご紹介します。

 

元カレへの憎しみを消す考え方
1.復讐とは、自分で毒を飲むこと

 

「ひどいことをされた」
「傷つけられた」
という考えにとらわれている場合、
「どうにかして彼を不幸にできないか」
「復讐できないか」
と考えがちです。

 

ですが、復讐について考えている以上、あなたは幸せにはなれません。

 

こんな言葉があります。

 

「許せない、と思う気持ちを持ち続けることは、他人に毒を飲ませようとしながら、実は自分で毒を飲んでいる状態である」

 

誰かを不幸にしようと願うこと、復讐しようとすることは、あなた自身を不幸にしてしまうのです。
ですからあなたは、元カレへの憎しみを手放す必要があります。

 

彼を許せないと思うことや、復讐しようと思うことが、ただ単に自分を苦しめている行為であると真に理解できたとき、あなたの彼への執着はなくなるでしょう。

 

ただし、憎しみを消すには、ある程度の時間が必要になる場合もあります。
「時間薬」と言いますが、時間があなたの傷を癒してくれることも多いのです。
「彼への憎しみを手放すしかないとはわかっているけど許せない。許せない自分も嫌だ」
とあせる必要はありません。

 

憎しみをなくしたい、なくすことで自分は幸せになれるんだ、
と理解できていれば、時間はかかっても絶対に憎しみは消えます。

 

元カレへの憎しみを消す考え方
2.損をしたのは彼の方

 

元カレに憎しみを抱いているとき、「自分は被害者だ」と考えてしまいがちです。

 

たしかに、元カレはあなたにひどい扱いをしたり、傷つけたりしたかもしれません。
ですが、あなたは彼のことを愛していたんですよね?

 

あなたと別れたことによって、彼は「自分を愛してくれる人」を失いました。

一方、あなた自身は、「愛を与えても返してくれない人」を失っただけです。

 

どちらが損をしたのかは、一目瞭然ですよね。

 

元カレと別れられたことで、あなたには、自分をもっと愛してくれる人と出会う可能性が開かれたのです。

 

さいごに

 

今回は、元カレへの憎しみを消す考え方について解説してきました。
憎しみにとらわれているときは、
「あんなこともあった」
「こうしていればよかった」
と過去を振り返ることが多いでしょう。
すぐに憎しみを消すことができずに苦しいときは、「今」にフォーカスしてみましょう。

 

今、元カレはあなたを攻撃していますか?
そうではないはずです。
今のあなたを苦しめているのは、あなた自身かもしれません。

つらくなったら、過去に執着しすぎることなく、今この瞬間を感じてみてください。
少しでもあなたの幸せが長く続くように祈っています。

 

今来 今/ライター

公開日:2018年1月22日
更新日:2018年11月9日

 

■過去に経験した恋愛の心の傷を癒すには
■過去に果たせなかった思いを浄化する方法【無料占い】
■泣きたくなったら泣こう! 我慢しないことが素敵な恋を引き寄せる