「二股をかけられた」

「ひどい裏切られ方をした」

などひどい別れ方をした場合、普通に幸せだった恋愛の終わりよりも、引きずりやすくなる傾向があります。

 

でも
「元カレのことが憎い」
「あいつ、不幸になれ!」
と元カレへの憎しみにとらわれている状態って、幸せではありませんよね。

 

今回は、元カレへの憎しみとサヨナラをして、幸せになるための考え方についてご紹介します。

 

元カレへの憎しみを消す考え方
1.復讐とは、自分で毒を飲むこと

 

「ひどいことをされた」
「傷つけられた」
という考えにとらわれている場合、
「どうにかして彼を不幸にできないか」
「復讐できないか」
と考えがちです。

 

ですが、復讐について考えている以上、あなたは幸せにはなれません。

 

こんな言葉があります。

 

「許せない、と思う気持ちを持ち続けることは、他人に毒を飲ませようとしながら、実は自分で毒を飲んでいる状態である」

 

誰かを不幸にしようと願うこと、復讐しようとすることは、あなた自身を不幸にしてしまうのです。
ですからあなたは、元カレへの憎しみを手放す必要があります。

 

彼を許せないと思うことや、復讐しようと思うことが、ただ単に自分を苦しめている行為であると真に理解できたとき、あなたの彼への執着はなくなるでしょう。

 

ただし、憎しみを消すには、ある程度の時間が必要になる場合もあります。
「時間薬」と言いますが、時間があなたの傷を癒してくれることも多いのです。
「彼への憎しみを手放すしかないとはわかっているけど許せない。許せない自分も嫌だ」
とあせる必要はありません。

 

憎しみをなくしたい、なくすことで自分は幸せになれるんだ、
と理解できていれば、時間はかかっても絶対に憎しみは消えます。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 血液型別!わがままランキング
  • あなたにとっての「ハイスペ男子」 は誰ですか?
  • 奥さんがいる人に恋…ちょっと待って!それって既婚者マジックかも
  • 女性に聞いた! 元カレが夢に出てくることってある?
  • 恋愛優先度が低い男性の彼女になる秘訣3つ
  • 「ダメな恋」と「いい恋」の5つの違い
  • おうちデートで男性がチェックしているポイント7つ
  • 男性が「女子にやって欲しい」と妄想していること