自分から別れを切り出しておきながら、「別れても友達でいたい」とのたまってくる男性ってたまにいますよね。

 

なぜ、恋人としての関係を終わらせる間際に、友達としての関係の継続を申し出てくるのでしょうか? 「別れても友達でいたい」という男性は、いったいどういうつもりで、そんなことを申し出てくるのか。そこには様々な男性心理が潜んでいます。

 

今回は、「別れても友達でいたい」と言う男性心理の4つのパターンをご紹介します。「別れても友達でいたい、だなんて、彼はまだ私のことが好きなのかも」とモヤモヤしている方はぜひ参考にしてみてください。

 

「別れても友達でいたい」と言っちゃう男性心理1 嫌いになったわけじゃない

 

別れには様々な種類がありますが、大きくわけて、相手のことが嫌いになったパターンと相手のことが嫌いなわけじゃないけれど付き合いたくない事情がでてきたパターンのふたつに分けられます。後者の場合、別に嫌いになったわけじゃないし、「別れても友達でいたい」と考えがちです。

 

「別れても友達でいたい」と言っちゃう男性心理2 悪者になりたくない

 

本当に友達関係を続けたいと思っているわけではないのに、「別れても友達でいたい」と言ってしまう男性の中には、一定数、自分が悪者になることを避けたい、という気持ちを抱いている人がいます。

 

別れは、切り出される方も辛いですが、切り出す方にも多かれ少なかれストレスが発生します。相手を泣かしてしまったら、罪悪感を感じるという男性も多いのです。自分の中の罪悪感を少しでも減らしたいと考えて、慰めるために「別れても友達でいたい」と言ってしまう人もいます。

 

つまりは、この場合の「別れても友達でいたい」とは、「別れても友達として会い続けたい」という意味ではなく、「とにかくこの場をできるだけいい雰囲気でまるくおさめたい。(悪者にはなりたくないから)」という意味なのです。

 

「別れても友達でいたい」と言っちゃう男性心理3 あわよくば関係を持ちたい

 

ずる賢い男性の中には、自分にまだ好意がある元カノをキープしておいて、あわよくば関係を持ちたいと考えている人もいます。彼女という縛りを抜きにして、自由に呼び出せたり関係を持てたりする「軽い関係」に切り替えたい、という思いから、「別れても友達でいたい」と言うふとどきな輩もいるのです。

 

「別れても友達でいたい」と言っちゃう男性心理4 人としては好き

 

稀にですが、人としては本当に好きだけれど、恋人としての愛情が失われてしまったために、「別れても友達でいたい」と言い出す場合もあります。その場合は、「自分から別れを切り出しておいて、都合がいいのは分かっている。今はまだ無理かもしれないけれど、お互い気持ちが落ち着いたら、また友達に戻りたい」など、彼女の気持ちを最大限おもんぱかる表現をするはずです。

 

さいごに。別れてから友達になることは可能。でも、時間が必要な場合も多い

 

今回は、「別れても友達でいたい」と言い出す男性の心理4パターンをご紹介しました。未練のある彼から「別れても友達でいたい」と言われた方は、彼の心理はどのパターンに当てはまるのか、考えてみましょう。

 

また、彼の発言の真意がどれであっても、「まだ彼のことが男性として好き。友達として会うのは辛すぎる。あわよくば復縁したい」という場合は、自分を傷つけないためにも、しばらくは距離を置いた方がよいでしょう。

 

今来 今/ライター

 

■「もう好きじゃないのに別れない」男性の心理って?
■【復縁or諦める】断ち切るべき腐れ縁と、復縁できる運命の恋の違い
■男性が「恋人との別れ」を考えるきっかけをチェック!恋はなぜ終わる?

 

恋愛】の最新記事
  • LINEから見極める!やばい男の特徴
  • もう悩まないで「恋愛が辛い」と感じた時にやった方が良い事5選
  • 付き合う前に見抜いて!「心変わりが激しい」男性の特徴
  • 早く気付いて!男性が「君が好き」と訴える本命LINE
  • なかなか好きって言えない!「こじらせ男子」の愛情表現3選!
  • 「察して女子」は注意!男性に愛想をつかされやすい女性の特長
  • 男性から嫌われる女性の言動
  • 恋は一瞬にして訪れる!男性が恋に落ちた瞬間エピソード