彼女にしたいと思う子と、しなくてもいい子のボーダーラインはどこか。

 

良い雰囲気になっても恋愛に発展しない、男性からアタックされない、それらは単に魅力がない訳ではなく、彼女にしたいと思うボーダーラインを越えていないから。

 

どんなに同性受けが良くても、男性目線の彼女にしたいと思うボーダーラインを越えなくては、恋愛はできないのです。

 

性格が良い…彼女にしたいと思う子

 

いくら可愛くても“性格”が悪ければ、彼女にしなくてもいい子になってしまいます。

 

性格の良し悪しと簡単に言っても、性格的なボーダーラインの判断は難しく、相手の性格にもよりますし、多少性格が悪くても容姿が良ければそれだけで彼女にしたいと思う男性もいるので、性格が良いだけで彼女にしたいと思う子にはなりません。

 

ただ、思いやりがなかったり、男性を振り回すような性格では、彼女にしたいとは思われないかもしれませんよ。特に、本命にしたいと思われないかも。

 

「○○なだけ」では彼女にしなくてもいい子

 

可愛いだけ、セクシーなだけ、頭がいいだけなど、“魅力が一つしかない”と、彼女にしたいと思うボーダーラインを越えづらいようです。

 

一目惚れや感覚的に惹かれるケースではない場合、魅力が一つしか感じられないと、彼女にしたいと強く思えなのかもしれません。

 

優しいだけの男性に物足りなさを感じるように、男性も「○○なだけ」では物足りないのでしょう。

安いだけではなく、安くて上手くて早くないとメリットを感じられないように、世の中が魅力に溢れているので、女性にも自然と多くを望みたくなるのかもしれません。

 

一緒にいて楽しいかどうか

 

彼女にしたいと思う子としなくてもいい子のボーダーラインは、とても感覚的な部分も関係してきます。

 

感覚的に「何となく違うな」と感じれば、彼女にしたいとは思えないのですが、その感覚とは何か、かなり難しいですが、一番分かりやすいところは、一緒にいて楽しいかどうかが関係しているのではないでしょうか。

 

一緒にいて楽しいかどうかはかなり重要で、一緒にいて楽しいと感じないと、「何となく違う」と思ってしまいます。

 

癒されるだけ、肉体が魅力的なだけ、それなら彼女にしなくてもいいし、一夜限りの関係だけでもいい。

 

彼女になれば、ベッドの上だけで生活する訳ではないですから、“ベッド以外での魅力が第一”にないと、「彼女にしたい」と強く思えないのかもしれませんね。

 

さいごに

 

彼女にしたいと思う子としなくてもいい子のボーダーラインは、“微妙”なボーダーラインです。

 

出会い方が違えば? タイミングが合えば? 気分が乗っている日だったら? 筆者も過去を思い返せば、「彼女にしたい」と強く思ったはずの出会いもありました。

 

魅力的に感じていても、たったの一言で「何となく違う」と感じた相手もいたので、彼女にしたいと思う子としなくてもいい子の差は、それほど大きな差があるわけではないのかもしれません。

 

(瀬戸 樹/ライター)

 

Photo by. Pixabay 

 

■男性からのボディタッチ。脈アリサインはどこで判断する…?
■好きな女性にしてもらいたい「かわいいアプローチ方法」
■男女に聞いた! LINEでの告白ってアリ? ナシ? 3パターン

 

恋愛】の最新記事
  • 素敵な彼氏になってくれそう!「一途で誠実な男性」のLINE内容
  • LINEの考え方の男女差とは?男性にとってはただの報連相ツール
  • 男性が「いい恋愛してそうだな」と思う女性の特徴
  • LINEから見極める!モラハラ男の特長
  • 「コレって運命?」男性が運命を感じる瞬間
  • 男性が女性の「性格に惚れる」瞬間3選
  • LINEから見極める!やばい男の特徴
  • もう悩まないで「恋愛が辛い」と感じた時にやった方が良い事5選