LINEは気軽に利用できるだけに、相手の気持に配慮する気持ちが必要。

 

しかし、そんな気遣い完全無視な、返信する側が困るLINEを送信して、彼氏を困惑させる彼女もいるもの。

 

今回は彼氏が思わず「めんどくせえ!」と思ってしまう、反応に困るLINEを紹介します。

 

 

報告だけ

 

「今日の休みはスパに行ってゆっくりしてきたよ」
「今夜の夕食はカレーを食べました」
 
これらのような報告だけのLINEの反応に困る男性は多いのではないかと思います。
 
報告に対して、どんな返信をしなくちゃいけないか、男性側が考えなければならないからです。
 
「今日の休みはスパに行ってゆっくりしてきたよ。今度は一緒に行きたいな」
「今夜の夕食はカレーにするけど、うちにくる?」
 
このようなLINEであれば、
 
「スパいいね、今度は一緒に行こう」
「もう食べたから、大丈夫だよ」
 
と特に深く考えずに、返信をすることができるんです。
 
報告だけのLINEは返信者側に、この後のLINEのやり取りの展開を丸投げしている状態。
 
「なんでも、こっちまかせにしないでほしい」そんな心理を抱かせかねないものです。
 

いきなりスタンプだけ

 

楽しそうなスタンプ、悲しそうなスタンプ、どちらともいえないスタンプ、いずれにせよ、いきなりスタンプだけ送信してくる女性がいますが、これも反応に困ります。
 
何かあったのだろうと読み解くことはできますが、まず「なにか言いたいんだろうけど、俺がなにかしたのかな」と原因が自分にあるのか、それ以外なのか悩むもの。
 
そして、どう返信したらいいのか、迷います。
 
普通に、「どうしたの?」とか「何かあった?」でいいのか、もっと気の利いたセリフをチョイスすればいいのかなど、考えをめぐらすでしょう。
 
何か伝えたいことがあるなら、「今日は、いいことがあった」「会社で悲しいことがあった」などスタンプと一緒にセリフがほしいもの。
 
スタンプだけは思わせぶりすぎて、彼氏は疲れてしまいます。
 

自虐が止まらない

 

人は物事がうまくいかなかったり、失敗したりすると、落ち込んで自虐に走りがち。
 
「もうダメ」「わたしはダメ人間」「何も価値がない」など彼氏にLINEをしてしまうこともあるでしょう。
 
しかし、最初は親身になって励ましていた彼氏も、延々と自虐が続いてしまうと、やがてうんざりしてくるもの。
 
「一体、いつになったらこのLINE終わるんだろう」と「こっちの気持ちまで落ち込んできた」となってしまいます。
 
目の前で、落ち込んでいる場合なら、ハグをする、キスをするなど、言葉以外で励ます方法を取ることもできますが、LINEだと文字だけでしか対処できないのも、もどかしいところ。
 
自虐的な気持ちになることがあるのは、仕方ありません。
 
しかし、ほどほどにしておかないと、彼氏は「めんどくさい」と思っているかもしれませんよ。
 

まとめ

 

LINEは日常に当たり前にあるツールなので、あまり考えずに利用してしまいがち。
しかし、本人は気軽に送信したLINEが、彼氏を困らせることは少なくありません。
 
LINEをするときは、「彼氏が返信に困らないかな」と一度、考えてから送信するのがおすすめです。
 
(大船くじら/ライター)
 
■【男性心理】彼女から来た「萎えるLINE」あるある4選
■面倒くさい女性のLINE! 男性の嫌いポイント3つ
■どこに差が…?男性に「好かれるLINE」と「嫌がられるLINE」の違い

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

恋愛】の最新記事
  • 男性の「すっぴんが好き」は嘘?すっぴん好きに隠された本音5つ
  • 年の差別!2歳・5歳・10歳差を乗り越える年下彼氏との付き合い方
  • 別れたくない!彼に手放せない女性と思わせるための方法6選
  • 外見、色気……関係ない!本当にモテるのは「人たらし女子」
  • もう終わった恋なのに…男性にとって忘れられない元カノの特徴5選
  • 長く一緒にいるコツ!本音で話せる関係を築くためのポイント4選|エマちゃん
  • この恋が終われば次はないと思っているアラサー女性に!
  • 婚活気分で転職を繰り返すアラサー女性の実態