あなたは、デートのとき男性に奢ってほしいですか? それともきっちり割り勘にしたいですか?

 

今回は、「奢られたい女子」と「奢られたくない女子」の本音をご紹介していきます。

 

「奢られたい女子」の本音

 

「初デートで割り勘だと、私に興味ないのかな、って思っちゃいますね。私は初デートで奢ってくれないと次のデートはしないようにしています。だって、初デートですよ。初デートで奢らない男性なんて先が思いやられます」(23歳・受付)

 

「男性が年上だったら奢ってほしいかな。同い年だったらむこうがちょっと多めに出す程度で、年下だったら割り勘でもOKです。年上の男性だったら、私より経済力があって当たり前だと思うので、割り勘は逆に不公平じゃないかなと思います」(25歳・不動産事務)

 

「自分でも理由は言語化できないけど、割り勘にされたらテンション下がる」(28歳・美容師)

 

「全部おごりじゃなくてもいいけど、彼氏には少し多めに出してほしい。その方が大切にされている感がある」(26歳・英会話スクール勤務)

 

「奢られたくない女子」の本音

 

「彼氏にも、デート中の人にも、ナンパしてきた人にも、誰にも奢られたいとは思いません。奢られたら、自分がその分何かしなきゃって気分になりませんか? つまらない話だけど笑顔で聞いてあげなきゃ、とか。そういう風に気を回すのがストレスなので、いつもきっちり割り勘がいいです」(28歳・銀行員)

 

「昔は奢られたい派だったんですけど、最近は奢られたくない派になりました。今彼氏が欲しいと思っていろんな人とデートしているんですけど、2回目のデートは無いな、と思う人が多いんです。奢ってもらって終わり、っていうのはなんだか悪い気がするので、向こうが奢りたそうにしていても、絶対に奢らせないと決めています」(27歳・編集者)

 

「会社員の男性の場合、たいてい私の方が収入が多いんです。だから奢ってもらう理由がありません。私より成功している経営者の方とご飯に行く場合には、奢ってもらうことで相手の顔を立てることはありますが、正直、割り勘にしてくれた方が気は楽ですね」(33歳・会社経営)

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

私がちょっと意外だったのは、20代前半でも「奢られたい派」の女性はある程度いるという点。

 

「最近の若い人は、男女平等思考が強い。男性もデートでは奢ることは少なくなっている。割り勘は当然」

という話を小耳に挟んだことがあったので、20代前半の男女は割り勘当然だと思っていたのですが、
実際には若い世代に関しても「割り勘当然の人もいるけど、奢って欲しい女性・奢りたい男性もいる」としか言えないようです。

 

ひと昔前は、男性が奢って当然の時代がありましたが、現在は、「初デートで割り勘にされたら次はない」という女性もれば、「できればどんなシチュエーションでも割り勘にしたい」と考えている女性もいます。

 

私たちは、「奢る・奢られる」ことに対する価値観の転換期を生きているのかもしれません。

 

今来 今/ライター

 

■男性がおごるのが普通!? 初デートを成功させるお金マナー
■カップルが共同財布をもつメリット
■プライスレス! お金がかからないのに楽しすぎるデートとは?

 

恋愛】の最新記事
  • 両想いかも!?男性が見せる「脈アリサイン」6パターンご紹介
  • 星座別|恋愛のピンチになりやすい場面とその対処方法
  • 【男女別】「一人暮らし」「実家暮らし」付き合うならどっちが良い?
  • タロットで知る!彼は今日、あなたにどれくらい関心がある?
  • 見た目じゃ分からない!遊び人男子の5つの特徴とは?
  • ネットストーカーになりやすい男性の性格の特徴
  • 今すぐ試せる! 恋愛上手な人がしない3つのこと
  • カップル
    浮気なんて全く考えないような男性の見分け方