女優の高畑充希さん主演のドラマ、「過保護のカホコ」(日本テレビ)が注目を集めていますが、注目したいのはお相手の竹内涼真さんとの胸キュンエピソード……ではなく、カホコの過保護っぷり!

 

何から何まで親の庇護のもとで生きてきた“奇跡の純粋培養人間”なのです。就職間際の21歳にして、アルバイト経験ナシ。それどころが、一人で服を選べない。つねに送迎付きで駅まで歩いたことがない……など。

 

そんな、ないない尽くしのカホコに対して、世間は「あり得ない」という意見が大多数……と思いきや、「え? 私もカホコと同じなんだけど」「私って過保護なの?」という同調意見が、ツイッターなどでチラホラ出てきたのです。

 

20代女性には意外に多い!? と思われる「カホコ」女子について、ちょっと考えてみたいと思います。

 

「カホコ」女子に対する男性の感想

 

「こういう子と結婚したら大変そう」(36歳/営業)

 

「家族と仲がいい子って、育ちがいいんだと思う」(42歳/経理)

 

「年齢にもよるけど、家事やお金の管理くらい自分でできないとちょっと……って思う」(28歳/技術系)

 

「こういう子の親も実は過保護で育っていたり、どこかおかしかったりする」(39歳/事務)

 

「過保護ってことは、大切に愛情いっぱいに育てられたから悪いものではないとは思う。家庭環境が悪い人よりはいいのでは」(41歳/金融)

 

「知人が過保護な親を持つ女性と結婚したけど、親が干渉してきて離婚した」(30歳/自営業)

 

ナシ派ばかりかと予想しましたが、アリ派も結構いました。特に、お嬢様っぽい女性には過保護が多い、という意見が目立ちました。

とはいえ、彼女として付き合うのは良くても、結婚となるとやはり、男性は少し引け目を感じてしまうようです……。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 血液型別!わがままランキング
  • あなたにとっての「ハイスペ男子」 は誰ですか?
  • 奥さんがいる人に恋…ちょっと待って!それって既婚者マジックかも
  • 女性に聞いた! 元カレが夢に出てくることってある?
  • 恋愛優先度が低い男性の彼女になる秘訣3つ
  • 「ダメな恋」と「いい恋」の5つの違い
  • おうちデートで男性がチェックしているポイント7つ
  • 男性が「女子にやって欲しい」と妄想していること