みなさん、LINEやメールが当たり前のこのご時世に、手書きのラブレターを男性に渡したことはありますか?

ラブレターを書くのが大好きな女性も、ラブレターを書いたことがない女性も、気になるのは本当に男性が喜んでくれるのか? という点でしょう。

そこで、今回は手書きのラブレターに対する男性の本音をご紹介。
彼に手書きのラブレターを書く際は、参考にしてみてください。

手書きのラブレターは内容による! 重い内容は引かれる可能性も……


手書きのラブレターが重いと思われるか素直に喜んでくれるかは、内容次第と言えます。

ただ、LINEやメールに比べると、手書きのラブレターはどうしても「重い」と受け止められやすいのは確か。
手書きのラブレターを贈る場合は、内容が重くなりすぎないように普段よりも注意してくださいね。

恋人未満からの手書きのラブレターは微妙?


彼女や妻からの手書きのラブレターは心から喜べるものの、恋人ではない女性からの手書きのラブレターは素直に喜べない男性もいるようです。

好きな女性や友人からのネタ的な手書きのラブレターなら、いろんな意味で楽しめるかもしれませんが、とくに思い入れがなく、友達でもない女性から手書きのラブレターをもらっても、困ってしまうかもしれませんね。

思いをこめて言の葉をつづった女性の気持ちをないがしろにしたくはないものの、やはり、「重い」とか「処理に困る」と戸惑う男性もいますので、手書きのラブレターを渡すなら、相手とシチュエーションをよく考えましょう。

こんな時代だからこそうれしい! 手間暇かける手書きのラブレターに胸キュン


手書きのラブレターを渡すことは、決して悪いイメージだけではありません。
LINEやメールで手軽に済ませられる時代だからこそ、手間暇をかけてつづられる手書きのラブレターに胸を打たれる男性ももちろんいます。

好きではない女性からのラブレターだとしても、わざわざ書いてくれたということが、男性の心を動かすのです。

ただ、今どき手紙というのはめずらしいので、彼の誕生日やクリスマス、バレンタイン、なにかのお祝いにかこつけて……など、タイミングはよく見極めたほうがいいかもしれません。
内容が重くなりすぎないように注意して、効果的に手紙を利用するのがオススメ。

彼女や妻からの手書きのラブレターは宝物


恋人ではない女性からの手書きのラブレターには顔をしかめる男性でも、彼女や妻からの手書きのラブレターには、喜んでくれる場合が多いようです。

記念日やケンカの後など、日頃の感謝の気持ちや口では伝えられない気持ちを手書きのラブレターで贈ってあげると、LINEやメールでは感じ取ることができない、手書きだからこその愛を感じてくれるのではないでしょうか。

まとめ


手書きのラブレターは、内容にさえ注意すれば、LINEやメール以上に胸キュンさせることができるはず。

手書きのラブレターを一度も書いたことがない女性も、ぜひこの機会に彼や意中の男性に書いてみてはいかがですか?

また、関係がマンネリしているカップルや夫婦も、恥ずかしいかもしれませんが、記念日などに手書きのラブレターをプレゼントしてみてください。
ケンカのあとなどはとくに、二人の関係が修復しやすく、愛がぐっと深まるかもしれませんよ。

(瀬戸 樹/ライター)

公開日:2017年12月15日
更新日:2018年11月27日



■大切なことはLINEで言わない!モテ女が使う愛の発信ツールは○○
■あの人が今一番、あなたから欲しい言葉
■男性が本命だけに示す「大好き」のサイン10個

恋愛】の最新記事
  • 少し飽きっぽい?恋愛が長続きしない男性の特徴
  • 復縁、長い片思い…苦しい恋を叶えて幸せになった話
  • 「もう恋愛したくない…」恋のやる気スイッチを入れるための3つの方法
  • いつも「ダメ男」にハマってしまう女性の特徴と対処法
  • 「残念な子」だと思っていたのに⁉︎ 意外にかわいく見えてしまう瞬間
  • 「あ、この人、人間が出来ていないな」と思う女性の特徴
  • 恋人いない歴27年から脱却!運命を変える方法とは?
  • 「媚びる」と「愛嬌がある」は違う!愛され女子が可愛がられる理由