表面的には雰囲気が良い人でも、実はヤバい人だったというケースは多いです。

 

最近よく耳にするようになった、SNS上で特定の人にストーキングする“ネットストーカー”はその典型です。

ネットストーカーに目をつけられてしまうと、自分の私生活を監視され、普通に日常生活を送ることが難しくなります。

 

ですので、ネットストーカーになりそうな男性とはできるだけ関わらないことをオススメします。

そこで今回は、ネットストーカーになりやすい男性の性格について、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

 

プライドが高い

 

ネットストーカーになりやすい男性は、とにかくプライドが高いです。

プライドが高い人は他人を支配したがる傾向があるので、SNSを監視することで

「俺はお前のことを何でも知っているぞ」という支配欲を満たそうとします。

 

さらに、支配欲だけでなく独占欲も強く、自分以外の男性と接していないかをチェックするべく、常にSNSの更新状況に目を光らせているのです。

 

自慢話が多かったり、相手の話を聞いた後に「いや」と言って話し始める人はプライドが高いので注意しましょう。

 

家庭や職場に居場所がない

 

社会に居場所がないと感じている人は、自分の憩いの場を求めて他人に依存しようとします。

ただ、アプローチする勇気がなく、擬似的な恋人気分を味わうため、SNSで特定の女性を追いかけるネットストーカーになってしまうケースもしばしば…。

 

八方美人な女性ほどネットストーカー被害に遭いやすいので、別け隔てなく接してしまうことがそういった男性を引き寄せる原因に挙げられます。

 

周囲に馴染めていない人に積極的に話しかけるのは非常に素晴らしい行動ですが、

「君子危うきに近寄らず」という言葉があるように程々にしておきましょう。

 

視野が狭い

 

ネットストーカーになる男性は、他人の気持ちに鈍感で、自分のしていることの問題性に気づけません。

 

つまり、視野が非常に狭いのです。ネットストーカーの中には、「自分はあの女性を守っているんだ」と自分本意の勘違いした正義感を抱いている人もいます。

 

人の感情や事件の背景など一切想定しないで、「これは自己責任だ!」「犯人は死刑にしてしまえ!」といった短絡的な意見を主張する人とは距離をおきましょう。

 

SNSの更新が多い

 

SNSの更新を頻繁にしていたり、スマホに触ることが習慣化している男性もネットストーカーになりやすいです。

 

こういう男性は、贔屓にしている有名人のSNSを見るついでに、気になる女性をチェックします。

 

そして、いつしかその女性のことがドンドン好きになり、最終的にはネットストーカーになってしまいます。

常にスマホを触っている人とも、適度な距離感を持って接する方が良いでしょう。

 

まとめ

 

一般的なストーカーと違い、ネットストーカーになることは非常にハードルが低く、誰でもネットストーカーになれてしまいます。

 

誰彼構わず必要以上に距離を詰めないことを念頭に置いておくことが、ネットストーカー被害のリスクを減らすことにつながるので憶えておきましょう。

 

(高萩陽平/ライター)

 

■ストーカーの素質のある女性の特徴〜大切な時間は自分を磨くために使うべし〜
■近づいちゃダメ!モラハラ男の特徴
■危険!実際にいる豹変モラハラ彼氏の実態&対処法!

 

恋愛】の最新記事
  • 男性が「生理的に無理」と思う女性の特徴
  • 恋愛・結婚はやめておいた方がいい男性の2つの特徴とは?
  • 『ときめきをください……』そんなあなたに初恋のピュアストーリーを
  • みんな一度は経験アリ? よくある別れ方あるある5つ
  • かわいい!だけじゃない!? 後輩男子が見せた「男の顔」にドキっとした話
  • 恋は人を狂わせる… 恋愛黒歴史
  • デート中に見極めたい「誠実な男性」の特徴
  • 外国人から見るとびっくりな日本人の恋愛