よく耳にするホスピタリティとは、「思いやり」や「心のこもったおもてなし」を意味しています。女性が彼氏に対して愛情表現としてしがちな献身もホスピタリティと言ってよいでしょう。

 

これらは、別に感謝されたくてするものではありませんが、さも同然のような態度を取られたら悲しくなってしまいますよね。ですが、男性の中には感謝しない人もいます。彼らの特徴を紹介しましょう。

 

思いやりがない

 

相手の気持ちを推し量り、思いやる気持ちがない人は、他人から受けた恩に対して感謝を示しません。してくれたことに気づかないことも多く、それを当たり前として受け止めてしまいます。

 

特に家族や恋人などが相手だと、「愛があるなら当然」とばかりに思ってしまいます。そういう人は逆に、例えば「彼のシャツにアイロンをかける」といった何気ない行動を、その日は体調が悪くてできなかっただけで、起こるようになることもあります。

 

男性の方が偉いと思っている

 

最近は共働きが増えていますが、かつては女性は家庭に入るものであり、男性を立てるものだという考えが根強かったでしょう。その考えを持っている男性は、亭主関白タイプで「女は尽くすのが当たり前」「それくらいしかできない」と捉えていることもあります。

 

男性優位で、「守ってやってる」という言動が見られるなら要注意です。中には、「か弱いから」とエスコートをよくしてくれる一見な紳士的なタイプの男性もいますので、女性を弱者として扱っていないかよく見極めましょう。

 

女はアクセサリー

 

男性社会は競争の中にあるといってもよいですが、特に女・金・権力が重視されます。そのため、「いくら稼いだ」「どこ社の誰と繋がりがある」など、お金や権力にまつわる自慢が多い人は、必然と女を自慢する傾向にあります。

 

彼らは、彼女が大好きで自慢するならよいものの、多くは「いかによい女を手に入れたか」を周りに見せつけることを重視しています。そのため、女性をアクセサリーと思っているようなことが多く、そういう人ほど独占欲が強かったりします。

 

美人だから、教養があるからと女性のスペックを見せびらかす行為がないか、日頃の行動をチェックしましょう。アクセサリー扱いであれば、「こんなこともしてくれる女」という自慢の材料でしかなく、むしろ尽くしてくれなければ不要の存在であり、彼女が一生懸命尽くすのは自分の技量であると捉えていることもあります。

 

まとめ

 

女性のホスピタリティに対して感謝のない男性は、いってしまえば地雷であることが大半です。中には、人の感情や行動に鈍い人もいるかもしれませんが、彼らはわかりやすく尽くしていることを伝えれば、気づいて感謝をするはずです。

 

まさしく今、感謝をしない男性と付き合っているのであれば、彼氏を更生させるのか、新しい出会いを探すのかはあなた次第です。しかし、ダメンズに引っかかり、不幸な恋愛をし続けてしまうことだけはないようにしたいですね……。

 

(神崎なつめ/ライター)

 

■男性の愛情から来る意地悪とモラハラの違い
■やりたい事や自分を常に優先してしまう自分勝手な男性の特徴
■交際前によく観察して!付き合わない方がいい男の特徴5つ

 

恋愛】の最新記事
  • 復縁、長い片思い…苦しい恋を叶えて幸せになった話
  • ゾッと⋯女性に聞いた、恋愛での恐怖体験
  • 【恋愛】面白味があり過ぎてめんどくさいVS何の面白味もない→どちらの関係が長続きするのか?
  • 失恋してつらくてもどうせ忘れるから大丈夫だよ
  • 小さな違和感を見過ごしちゃダメ!ダメ男の本性を見抜くポイント
  • 付き合わない方がいい男の特徴とは?
  • 恋人いない歴27年から脱却!運命を変える方法とは?
  •  「生理的に無理」からの逆転劇ってあるの?