好きな人を振り向かせるには、男性の胃袋をつかむことが重要だとよく言われます。ただ料理が得意な人でも、どんなものが男性にとっての人気のレシピなのかわからないという人も多いでしょう。

 

今回は、どんな料理ならば、男性の胃袋をつかむことができるのか見ていきます。

 

定番の肉じゃがは?

 

男性の胃袋をつかむ料理として頻繁に挙がるのが、肉じゃがでしょう。しかし、得意な料理を聞かれて肉じゃがと即答すると、あからさまな男性ウケ狙いと思われてしまうかもしれません。

 

肉じゃがは男性にとってそこそこ人気のレシピですが、関係が深まらないうちから食べてもらうのは少し無謀ともいえます。煮物系は各家庭によって、味が大きく違います。自分が「これはおいしくできた」と思っても、男性にとっては「なんか足りない」という出来である可能性もあり得るのです。

 

なんでも言い合える仲になっているならば、「うちのはもっと甘かった」「醤油を足して」などの話ができるので問題はありません。

ただ、最初の頃は男性も気を遣って、味が気に入らなくても無理に「おいしい」と言うのがほとんど。

 

そして、20~30代男性であれば、お肉がやっぱり一番好きなはずなので、彼女にもっともの作ってほしいレシピが「肉じゃが」なのかと聞かれると……必ずしもそうではないと思います。

 

手軽にできるパスタ系

 

パスタを使った料理は多くのレシピがあり、人気のカルボナーラやペペロンチーノ、ナポリタンは手早く男性の胃袋をつかむことができます。

 

職場における昼食を、コンビニやカフェのパスタで済ませてしまう男性も多いでしょう。いつも外食でしか食べていないものを手作りで彼女が出してくれると、男性はうれしくなるはず。

 

特にほとんど料理をしない男性は、カルボナーラやペペロンチーノが簡単にできるとは知りません。見栄えも良いですし、とても喜んでくれるはずです。

 

奥が深いたまご焼き

 

小腹が空いたときに男性の胃袋をつかむには、たまご焼きが効果的です。ただ、肉じゃがと同じように、たまご焼きにも各家庭の味があります。砂糖を大量に入れる家もあれば、シンプルに塩コショウだけの家もあるでしょう。

 

最初は彼にどんなたまご焼きが好きか(甘いのか、しょっぱいのか)を聞いて、シンプルな味付けで様子を見てみます。一口食べた後でしょうゆを足したり、箸がすすまなかったりすれば、できるだけ詳しく男性の家のたまご焼きの味を聞いてみましょう。そのうえで、「また今度作ってみるね」と言うと、好感度が上がるかもしれません。

 

ハンバーグや唐揚げなどのお子様メニュー

 

ハンバーグや唐揚げ、カレー、かつ丼などは子供に人気のレシピとしてよく取り上げられますが、じつは男性からも支持が強いもの。今どきは肉じゃがより、がっつりお肉を食べられるもののほうが、喜ばれるのです。

 

しかもこれらは、味付けにさほど困りません。カレーや唐揚げはルーや素が売られていますし、ハンバーグも缶やパウチで本格的なデミグラスソースが出回っています。

料理があまり得意ではない女性からしても失敗しにくく、彼氏に初めて作ってあげたい料理としてはとっつきやすいでしょう。

 

さいごに

 

20代前半であれば、それほど気にしないでしょうが、何となくでも結婚を意識し出す年齢になれば、男性は女性に対して「家庭的かどうか」を求めるようになります。

そのときに「全然料理ができない」というのは、やっぱりマイナスポイントになるでしょう。何か一つだけでもマトモに作れるレシピを用意しておいたほうが、恋をする上では重要だといえます。

 

また、料理が得意な女性は、男性を虜にする大きな魅力として自信を持ってください。おうちデートやピクニック、ドライブなど、手料理やお弁当が必要なシチュエーションを作って披露すれば、必ず好きな男性の心をわしづかみにできるはずです。

 

(ニャック/ライター)

 

■気をつけて! ハマッちゃいけない、こんなモテ男:特徴4つ

■「かわいいんだけど……イマイチ!」男性が惜しいと感じる女性の特徴

■「美人じゃなくてもモテ女子」に聞いた愛される理由4つ

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 男がほっとけなくなる!「愛される女性」になるための秘訣
  • 片思い、不倫など…恋の状況別!恋がかなうおまじない
  • 男性が考える安心感の定義
  • ラブラブっぷりがあだに…半永久的に残る黒歴史「デジタルタトゥー」
  • 【12星座別】あなたは異性からどんな風に見られている?
  • 控えめだけどとても優しい!二黒土星男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 男と女のプライドがぶつかった時、折り合いをつける方法
  • 純粋な男性の特徴