「長年思い続けていた人にフラれて苦しい」

「彼氏が浮気しているのではないかと疑心暗鬼になってそればかり考えてしまう」

など恋愛の悩みについて考えすぎてしまい、寝つきが悪くなってしまうことってありますよね。

 

今回は、色々考えすぎてしまって寝られないという方のために、快適な睡眠をとるための方法をご紹介していきます。

 

悩みがあっても快眠を死守する方法①寝る前のお酒はNG

 

悩みごとがあるとき、「お酒を飲んで忘れよう」「お酒を飲んだら眠くなるはず」と良かれと思ってアルコールを摂取してしまう人がいます。

 

たしかに、お酒を飲むと眠たくなるという効果があります。ですが、睡眠学者の梶村尚史さんは、著書『「朝がつらい」がなくなる本―――「ぐっすり眠る」「すっきり起きる」習慣術』(三笠書房.2007年)で、お酒には、眠気を起こす効果はあるけれど、眠りの質を悪くするという弊害もあると指摘しています。

 

つまり、お酒には眠気を誘発する効果はありながらも、質に関しては悪化させてしまうというのです。

 

質の良い眠りがとれなければ、たとえ長時間睡眠がとれたとしても、目覚めたきスッキリせず、日中にも疲れを感じてしまいがちです。

 

少量のアルコールであれば大丈夫ですが、「ちょっとだけならいいか」と寝る前にアルコールを摂取し続けることによって、体にアルコールに対する耐性ができてしまい、次第に量が増えてしまうということも充分考えられます。ですから、いくら眠れないといっても、就寝前の飲酒はなるべく避けた方がよいでしょう。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 意外と知らない!? 男性が告白を断る8つの理由とは?
  • 【12星座別】心の底から異性を好きになりづらい人ランキングベスト5
  • 実録:恋心が再燃! 同窓会は、先生や元カレと近づくチャンス
  • 今年は運命の恋をする!2019年の恋愛運を上げる方法
  • 出張マジレスホロスコープ#2「セクシーなお姉さんに緊張する」
  • 男性が恋に落ちる瞬間は「明らかに違う何か」を感じた瞬間です
  • 両思いかも!?「男性が本命の女性にしかしない言動」とは?
  • 血液型別!わがままランキング