君と一緒にいると癒やされるよ――そんなふうに彼から言われると、彼女冥利に尽きると感じるかもしれません。「よーし、もっともっと彼のこと癒やしてあげるぞ!」と気合が入り、今よりもさらに尽くしてあげたくなるでしょう。

 

しかし、彼に尽くしてばかりいると、あるときこんなふうに思う時がくるはず。

 

――どうして私ばっかり! 私はこんなに尽くしているのに、彼はちっとも愛を返してくれない。

 

実は、かつての私がそうでした。最初は彼が喜んでくれる姿を見るのがうれしくて、ときには無理して相手に尽くしていたんです。尽くして、尽くして、尽くし続けて――でも、心の奥底で期待していた見返りは、結局返ってきませんでした。その不満が溜まって口喧嘩をしてしまったせいで余計に彼が愛情表現してくれなくなり、結局二人の心の距離は離れていってしまったんです。

 

まさに負のスパイラルでした。

 

相手を幸せにしたいという想いが、いつからか自分を苦しめるようになってしまうことは、恋愛においてよくあること。そこで今回は、彼に尽くし過ぎて辛くなる前に知っておいて欲しい、パートナーシップの2つの心得についてお話ししていきます。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「ダメな恋」と「いい恋」の5つの違い
  • おうちデートで男性がチェックしているポイント7つ
  • 男性が「女子にやって欲しい」と妄想していること
  • 彼女のことが大好き♡になりやすい男性の特徴とは?
  • 好きになりすぎてついつい…。恋にハマりすぎて母性が暴走したエピソード
  • 夫や彼氏がいても「許される遊びのボーダーライン」とは?
  • 顔相で開運!幸せを引き寄せる顔のポイント
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の恋愛運