お付き合いしている彼氏のことが大好きで、愛情表現をしているうちに少しずつ行動が過激化し、いつの間にか彼氏のことを束縛してしまっている人はすくなくありません。

 

本人はそのつもりがなくても、彼氏はひそかに「彼女から束縛されている」と感じているかもしれません。

どこまでが束縛で、なぜ束縛をしてしまうようになるのでしょうか?

 

束縛とは?

 

付き合っている以上、お互いの気持ちが通い合って、両思いの状態で関係が成り立っています。それだけでお互いに幸せな気持ちでいられればいいのですが、相手の行動や発言を制限したり、禁止したりすることによって、愛を確かめようとするのが「束縛」です。

 

束縛をしている本人は「彼のことを愛しているからこその行動」と主張することが多いのですが、彼氏の方は「彼女からの束縛が辛い」と苦しんでいる場合もあります。

 

なぜ束縛をしてしまうのか?

 

束縛をしてしまうのは、彼女自身に自信がなく、彼氏がどこかに行ってしまうのではないかという不安を抱えているからです。もし絶対に彼氏がどこにもいかないということが決まっていたら、束縛をする必要はありませんよね。

 

監視をすることによって、その不安を解消しようとする行動が束縛につながっているわけですが、どこまでが束縛なのでしょうか?

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 男性に聞いた! 男性は女性に「かわいい」とは思われたくない?
  • 【12星座×血液型】B型女性の基本性格と恋愛傾向
  • 恋を壊す? 育む? 同棲のメリットとデメリットとは
  • タイプでも危険!ダメ男リスト
  • 少女マンガ好きな女子は要注意! 「ドS」「俺様」はリアルに面倒くさい!
  • 男性がドン引き! 食事中に気持ちが冷める女性の食べ方
  • 「普通の恋愛」ってなんだか分かりますか?
  • 【職業別・恋愛傾向】気になる男性を落とすアプローチ方法