素敵な彼氏と出会ったら、いつかはゴールイン!
そんなストーリーが王道かと思いきや、恋愛→結婚という流れを選ばない人もいるんです。

 

生涯のパートナーと決めた相手がいて、長い間一緒に住んでいるけれど入籍はしない。
そのカタチを選ぶ理由とは?
あえて“事実婚”を選ぶのはなぜなのでしょうか?

 

事実婚のメリット・自分のやりたいことに専念できる

 

事実婚を選ぶことによって、パートナーと対等な関係を築くことができると考えている女性が多いようです。

自分の好きな仕事をしたり、好きなことにお金を使うことができたり。
家庭に入ってしまったら、ある程度は相手に合わせなくちゃいけませんからね。

 

事実婚のメリット・親族に気を遣う必要がない

結婚をすると、「嫁」「婿」という肩書きを背負わなければいけません。
付き合っているときは気にしていなかったけれど、相手の両親のことも考える必要があります。

 

事実婚では、完全に個対個の関係であるため、お互いの親族に気を遣うことがなく純粋にパートナーシップを育むことができます。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚後に愛が冷めた……幸せな夫婦生活を維持するための3つのコツ
  • 【実録】婚活アプリに登録している既婚者男子の胸の内
  • 結婚を本気で考えている彼氏が、彼女に話すこと
  • 12星座別!2019年、今年こそ結婚できる?
  • 「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと
  • 玉の輿にのりたい! メリットとデメリットとは?
  • 婚活は高望みした方がいい4つの理由
  • 成功率を上げる!性格別|おすすめ婚活方法