婚活は今や、20代女子にも当たり前のこと。晩婚化が進んでいるといわれますが、20代前半から結婚を見越した相手探しをする人もいます。

 

たとえばお笑い芸人の横澤夏子さんは、21歳のときに先輩から「若さで売り出せる今、婚活しなきゃダメ」「出会いがないなんて言ってるのは単なるサボり」などと言われて、婚活パーティーに行き始めたそうです。参加したパーティーの数は100以上にのぼり、27歳のときに1歳上の男性と無事ゴールイン!

 

そんな風に、20代のほとんどを婚活で過ごす人もいますが、結婚の相談をたくさん受けているイヴルルド遙華さんは、婚活に独自の視点を持っているんだとか。

詳しくお聞きしました!

 

婚活は「受験」!

 

イヴルルド遙華さん)私は結婚の相談にはちょっと自信があって、1年で35人を結婚させたことがあるんです。しかも、その全員が気になる人もいない状態で、完全にゼロの状態でした。

 

相手選びからお付き合いを始めて、恋人同士になって結婚にいたる……婚活の過程は決して短くありませんし、簡単でもありません。むしろいくつもの壁があって、それを何度も乗り越えていかなければならないのです。

無計画に「なんとなく……」とスタートさせて成功するものではないんですね。

 

だから、私は婚活を受験にたとえています。志望校は結婚相手。婚活は受験勉強。中学三年生、あるいは高校三年生の頃、誰だって進路について真剣に悩み、先生や親と相談して対策を練ったはず。

それと同じくらいの真剣さと努力がないと、婚活は成功しないということなんです。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚後に愛が冷めた……幸せな夫婦生活を維持するための3つのコツ
  • 【実録】婚活アプリに登録している既婚者男子の胸の内
  • 結婚を本気で考えている彼氏が、彼女に話すこと
  • 12星座別!2019年、今年こそ結婚できる?
  • 「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと
  • 玉の輿にのりたい! メリットとデメリットとは?
  • 婚活は高望みした方がいい4つの理由
  • 成功率を上げる!性格別|おすすめ婚活方法