共働き家庭が増えている現在、結婚を機に仕事を辞める、「寿退社」は、珍しくなりつつあります。

 

ですが、現在でも夫の収入が安定して高収入の場合、「仕事を辞めて家事に専念してもいいかも」と寿退社を検討する方もいるでしょう。

 

今回は結婚を機に退社するメリットとデメリットについて確認していきたいと思います。

 

結婚を機に仕事を辞めるメリット

 

仕事を辞める一番のメリットは、仕事のストレスから解放され、家事に専念できるという点でしょう。とくに結婚するまでは実家暮らしだったという女性にとっては仕事をしながら慣れない家事をするのは大変です。

 

仕事を辞めて家事に専念する時間がもてることで、掃除や料理などに時間を費やすことができ、家庭内を清潔に保てたり、食生活を充実させられることができます。共働きの場合は家事の分担で喧嘩になってしまうこともよくありますが、家事は妻の役割と決めることでそういった諍いもなくなります。

 

また、場合によっては仕事を辞めて、家事をこなしながら難関資格にチャレンジし、キャリアチェンジを測ることも可能です。

結婚を機に仕事を辞めるデメリット

 

仕事を辞める上での一番のデメリットは、経済的なリスクが増加するということです。

 

夫が働けなくなってしまったら、家庭の収入はゼロになってしまいます。また、仕事を辞めてしばらくしてから復帰しようと考えていても、以前と同じような待遇の仕事が見つかるとは限らず、結果的に生涯年収が下がってしまう可能性もあります。さらに、会社員を続けていればもらえたはずの出産手当や育児中の保険料免除なども受けることができなくなります。

 

また、社会とのつながりがなくなってしまい、寂しさを感じてしまう女性もいるようです。

 

結婚を機に仕事を辞めるってあり?

 

結婚を機に仕事を辞めることで得られるメリットもあればデメリットもあります。

 

メリットとデメリットを比較検討し、仕事を辞めるか否かを決断する必要があります。会社員であれば、出産手当や育児休暇中の手当てがもらえることを考えると、子供を産むまでは会社員でいた方が得、という考え方もできますが、「家事は女性に任せたいので、女性には専業主婦になってほしい」という男性もいるでしょうから、一概にどれが正解とは言えません。

 

さいごに

結婚を機会に仕事を辞めると、経済的に夫に頼ることになります。二馬力ではなく一人の肩に経済的な責任がかかるので、リスクは上がります。

 

ですが、仕事を辞めることが本人にとっては幸せな場合もあるでしょう。

 

結婚後もこれまで通り働き続けるか否かは、自分がどういったライフスタイルを望むのか、またパートナーがどういった生活を望むのかについてじっくりと向き合って決断すべき問題です。

 

一度正社員の仕事を辞めてしまうと、同様の待遇の職に再就職できるかどうかは分かりません。仕事を辞める前に、自分がどういったキャリアを進みたいのか考えておく必要があります。

 

今来 今/ライター

 

■仕事で疲れている彼氏の癒し方!男性が本当によろこぶ4つのこと!
■仕事と恋愛のバランスコントロールを身に付ける方法
■男女に聞いた! 結婚を決めた瞬間って、どんな瞬間?

 

結婚】の最新記事
  • 心理テスト|何人目の彼氏とゴールイン?結婚までに付き合う人数診断!
  • 【星座占いランキング】短期間の付き合いでも結婚で幸せになれる星座
  • 【お悩み相談】「教えて!自己防衛おじさん!このまま彼氏と結婚してもいいか迷っています。」
  • 尊敬できる彼氏は結婚してもうまくいく理由
  • まさかそんなことで!?結婚直前に「婚約破棄」になった意外な理由
  • 【実録】実際はどうなの?マッチングアプリで結婚した人の体験談3選
  • これで見極めて!あなたが本当に幸せになれる結婚相手
  • 結婚式。お金をかけるところでその人の価値観がわかるって本当?