こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。

今回は、「男が結婚したいと思うタイミング」について書いていきます。今、つき合ってはいるものの、なかなか「結婚しよう」という言葉を言ってくれず、だらだら時間だけが過ぎていっている人いませんか?

 

男からすると、彼女のことは好きなんだけれども、仕事の忙しさや、リア充を失いたくない、結婚したあとのお小遣い制を恐れるなど、結婚という形に二の足を踏んでいるパターンが多いのも事実。そんな中でも、背中を押してくれるシチュエーションがいくつかあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

親のプレッシャー

男女問わず、親からのプレッシャーはあります。結婚適齢期になってくると、「あなたもそろそろ結婚とかしないの?」「私が死ぬまでに孫の顔が見たい」など、恐ろしい言葉のプレッシャーが降ってきます。

 

親が勝手にお見合い相手を探してくる、というおせっかいをしたりする可能性も……。これは、結婚を意識せざるをえないシチュエーションのひとつ。僕は個人的に、そうやって結婚するのって、あまり好きじゃないタイミングですけど。

 

友人の結婚

逆にこれは理想のタイミンング。皆さんも経験あると思いますが、友人の結婚式、特に同じ年代の友人の結婚式に出ると幸せな気持ちになります。自分も満たされて、「俺も結婚したい」というモードに切り替わります。

 

ただし、切り替わっても、結婚願望が続くのは、友人の結婚式から2週間程度。なので、そろそろ入籍したいという彼氏がいるなら、彼が友人の結婚式に参加した日から2週間以内に、結婚のアプローチを仕掛けると効果的ですね。

友人の結婚式をきっかけにつき合い出した、籍を入れたというカップルが多いのも、この効果があるからだと思います。

 

人生を振り返るタイミング

人生を振り返るタイミングに来たときに、「結婚」について考える瞬間がおとずれます。

具体的には「転勤」のよって恋人同士が離ればなれになり、遠距離恋愛になってしまうとか。「転職」のような、職を変えて新しいことにチャレンジするとき。

 

どちらも一瞬不安になるタイミングです。いわば、そこで彼女の大切さを改めて知るのです。「年貢の納め時かな」と、男性はぼんやり思うでしょう。

 

良い感じのプレッシャー

ポイントは、「いい感じ」です。ほどほどのプレッシャーを彼女からしかけるのも大事。結婚適齢期を匂わせたり、あなたの親が結婚について心配しているなどの情報を入れたり、これくらいはほどほどのプレッシャーに入ります。

 

ただ、強引に結婚式場巡りをしたり、結婚情報誌をむりやり読ませたり、「あなたの子供が欲しい」と脅迫に近い言動はNG。彼はドンドン結婚に対して距離を置きたくなるので、ご注意を。

 

おわりに

いかかでしたか?やはり「結婚」は外堀から埋めていくことではなくて、男性からちゃんと女性にプロポーズするものだと思います。

ただ、世の中そんな男性ばかりではないので、今回紹介した……特に「友人の結婚式」「転勤、転職などの環境がかわる」という状況では、少しだけ強めのプレッシャーをあなたからかけてもいいと思いますよ。

 

(SHINTARO/ライター)

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 悩み相談|父親のトラウマで男性を信じることができない…幸せな結婚はできるの?
  • 結婚だけじゃない! あなたらしく多様化する結婚と出産
  • 婚活に年齢制限はない? 自分に合う婚活で幸せな結婚を手に入れる!
  • 「結婚したい」男が結婚を意識する瞬間とは?
  • 27歳を越えたら「本能」と「理性」で恋をするのが賢い女!
  • 「会えない時間に愛は育つ」別居婚はメリットだらけ?
  • 友人の結婚ラッシュにイライラ……そんな私がスピード婚できた方法
  • 結婚で幸せになりやすい女性の画数