「平成が終わるまでに結婚したい」と考えて、婚活のピッチを上げている女性は少ないようです。ただ、どれだけお見合いの回数やパーティーの出席数を増やしたところで、婚活で失敗するマインドを持っている女性は、婚約者をゲットできないまま“平成”を終えることになるでしょう。

 

そこで今回は、婚活で失敗する4つのマインドを、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介したいと思います。

 

自分も値踏みされていることに気づかない

 

婚活サービスなどは相手の条件を選ぶことができ、どうしても自分が「選ぶ側」という意識を持ちがちです。もちろん、「選ぶ側」であることは間違いないのですが、それと同時に「選ばれる側」であることを忘れている女性は多くいます。

 

「年収は600万以上で~」「身長は180センチ以上で~」と自分が男性を選んでいるとの同じように、男性も「年齢は25歳までで~」「共働き希望で~」など、女性の条件を選択しているのです。

 

自分が男性から見たらどれくらいの“価値”があるのかを見極めていないと、テクニックを使ってアプローチをする以前に、相手にさえしてもらえないケースも少なくありません。

 

年齢は男性が最も注目するポイント

 

年収や職種などの条件に注目する女性は多いかと思いますが、男性が特に注目するのは「年齢」です。

 

男性は相手の女性がどれだけ容姿も良く年収が高かったとしても、年齢がネックで他の女性に目を向けてしまう傾向があります。20代と30代の婚活ではかなり男性の関心に差が出てきてしまうのです。

 

自分の年齢をシビアに受け止める勇気も婚活では大切になってきます。

 

加点法で考える

 

減点法で男性を選んではいませんか?「170センチ以下はないわ」「中小企業勤務か」など、相手のネガティブな面ばかりに目を向けていると、婚活はうまくいきません。

 

「年収は絶対600万円以上」など1つだけ絶対に譲れない条件を設定して、あとは「身長は低いけど、話してて落ち着く」とポジティブな面に意識を向けるようにしましょう。

 

加点法で考えることで、「なんだかんだ言ってこの人良い人かも」と前向きに考えられるようになり、結婚への心理的なハードルも下がります。

 

婚活中の友達距離を取る

 

「本気で婚活しよう」と思うのであれば、友達付き合いを変えることもオススメします。婚活中の友達と接してしまうと、「この前、こんな人とデートしたんだ」と自慢話をされてしまい、「もっといい男性と出会いたい」と対抗心が生まれてしまい、自分に適した相手を見つけられなくなってしまいます。

 

また、「こっちの婚活サイトのほうが良いらしいよ」と情報交換するのも良いですが、様々な情報を入れすぎると何が正しいのかわからなくなり、婚活それ自体のモチベーション低下に繋がる恐れもあるのです。

 

ですので、婚活中だけは同士”と距離を取ることが、結婚への近道と言えるでしょう。

 

まとめ

 

自分の市場価値を本気で分析したり、友達と距離を置いたりと、なかなか勇気のいることですが、無理をしない程度に取り組んでみると良いでしょう。

 

(高萩陽平/ライター)

 

■『短期集中型』で婚活に勝つ! 婚活疲れを起こす前に運命の相手と結婚する秘訣
■【12星座別】あなたに最適な婚活の方法、教えます!
■理想が高い? 妥協できない? 婚活女性が結婚相手を選びやすくなるコツ

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 婚活女子の間違った思い込み! 「私って黒が似合うじゃないですか」
  • 見極めが大事!結婚向きの男性の特徴3つ
  • 「彼にプロポーズしてほしい」ときに絶対してはいけない3つの行動
  • 彼は好きだけど…親に反対される結婚、どうする?【沙木貴咲にガチ相談】
  • 実録!今、話題の“婚活スナック”って実際どうなの!?【マッチング編】
  • 結婚運を持っていても生涯独身!? 自分の運命を信じて結婚する秘訣
  • お見合い結婚のススメ!「百パーセントの夫婦」が語るメリット 4つ
  • 女性はドン引き必至!男性が結婚に求めるリアルな本音とは