「平成が終わるまでに結婚したい」と考えて、婚活のピッチを上げている女性は少ないようです。ただ、どれだけお見合いの回数やパーティーの出席数を増やしたところで、婚活で失敗するマインドを持っている女性は、婚約者をゲットできないまま“平成”を終えることになるでしょう。

 

そこで今回は、婚活で失敗する4つのマインドを、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介したいと思います。

 

自分も値踏みされていることに気づかない

 

婚活サービスなどは相手の条件を選ぶことができ、どうしても自分が「選ぶ側」という意識を持ちがちです。もちろん、「選ぶ側」であることは間違いないのですが、それと同時に「選ばれる側」であることを忘れている女性は多くいます。

 

「年収は600万以上で~」「身長は180センチ以上で~」と自分が男性を選んでいるとの同じように、男性も「年齢は25歳までで~」「共働き希望で~」など、女性の条件を選択しているのです。

 

自分が男性から見たらどれくらいの“価値”があるのかを見極めていないと、テクニックを使ってアプローチをする以前に、相手にさえしてもらえないケースも少なくありません。

 

年齢は男性が最も注目するポイント

 

年収や職種などの条件に注目する女性は多いかと思いますが、男性が特に注目するのは「年齢」です。

 

男性は相手の女性がどれだけ容姿も良く年収が高かったとしても、年齢がネックで他の女性に目を向けてしまう傾向があります。20代と30代の婚活ではかなり男性の関心に差が出てきてしまうのです。

 

自分の年齢をシビアに受け止める勇気も婚活では大切になってきます。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 婚活アプリで結婚する人続出!どんな人がゴールインするのか?
  • 未来が不安な方に、占歴67年の鑑定師が「あなたの結婚」を完全予言!
  • 映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」で気づかされる愛の奇跡
  • これで見極めて!あなたが本当に幸せになれる結婚相手
  • 周りがどんどん結婚していく……焦らずに婚活するコツ!
  • 結婚に関して親世代の意見を聞く必要が一切ない理由
  • いつまでグダグダしているの!? 彼氏の結婚への本気度を確かめる方法
  • 絶対に結婚したい!今からできる「やるべきこと」「やめるべきこと」