絵本作家ののぶみさんが作詞した歌、『あたし おかあさんだから』が炎上したのは、つい先日のこと。

 

母親になり子ども中心の生活になることで、独身時代とはファッションもオシャレの仕方も変わってくる(でも、それは可愛い我が子のため)、という歌詞の内容に一部のママさんが激怒したのですが……歌の良し悪しはさておき、育児中のママが大変だということは事実です。

 

どんなに夫の育児参加がもてはやされても、実際のところ、ほとんどの家庭がワンオペ育児に陥り、悩みは尽きないのではないでしょうか?

 

実態!ワンオペ育児で仕事をする

 

筆者にも子どもが2人いますので、世のお母さん方が本当に大変な思いをしているということは、実体験から理解しています。

 

今は全体の4~5割の世帯が共働きと言われるので、一人で育児や家事をこなしながら仕事もするという女性が多いでしょう。

 

多くのワーキングママにとって、部屋の中がいつも片付かない、メイクが適当、汚れてもいい服と靴を履く、会社でやりきれなかった分の仕事は家に持ち帰って深夜~早朝に片づける、つねに睡眠不足……という状況は当たり前のはず。私にとっても当然の日常でした。

 

ただ、それが「母親」なのだと理解した上で受け入れ、納得してママたちは我慢しているんだろうと思います。

 

我慢というと、のぶみさんの件のように激怒する女性もいるかもしれませんが、言葉も理屈も通じない乳幼児とずっと一緒にいて、我慢がゼロというのは嘘でしょう。我慢がないなんて、それこそキレイごと。

 

また、筆者はもともとオシャレな方ではなかったため、自分自身にお金と時間をかけられなくなってもさほど気になりませんでしたが、美容と服が趣味の友達や、販売職としてキレイな格好をしなければならない友達は、本当につらそうでした。

 

子どもに特に手がかかる時期は、「自分が自分であることができない」というアイデンティティの喪失に、多くのワーキングママが悩んでいるのです。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚を本気で考えている彼氏が、彼女に話すこと
  • 12星座別!2019年、今年こそ結婚できる?
  • 「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと
  • 玉の輿にのりたい! メリットとデメリットとは?
  • 婚活は高望みした方がいい4つの理由
  • 成功率を上げる!性格別|おすすめ婚活方法
  • 結婚したいけど、彼氏の収入が少なくて不安…を解消する方法
  • 【12星座別】2019年中に結婚するためにはどうしたらいい?