突然ですが、結婚について「必要ないと思う」ことを聞いた【結婚観の調査】によると、1位は「結納」(48.3%)、2位に「住宅購入」(34.2%)、3位に「式や披露宴を挙げる」(31.1%)が挙がったそうです。(パートナーエージェント社調べ)
 
今の20〜30代前半の人は、この結果に「まぁ、そうだろうな」と納得する人も多いと思います。一方で「とはいえ、親がなんていうかなぁ」と思う人もいるでしょう。
 
これから結婚を考えている人に向けて僕が伝えたいのは、「親世代の意見を聞く必要は一切ないよ」ということです。
 

親世代の価値観

 
アラサー以下の親の世代が現役だった頃は、「24時間働けますか?」というリゲインのCMが流れるぐらいの、サラリーマン人生万歳の時代でした。
 
別にディスっているわけではなく、本当に大企業に入って(あるいは国家資格をとって)、マイホームを買い、定年まで勤め上げることが、成功のための近道だったのです。
 
それゆえ、親世代の価値観は「安定」「人と違うことはしない」「保守」に支配されています。
だからこそ、娘の相手の会社名や肩書きを気にするし、結納や両家顔合わせ、結婚式などの「形式」にこだわるのです。
つまり、「みんなやってるんだからウチもやらないと」という一種の強迫観念に毒されているのです。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 婚活アプリで結婚する人続出!どんな人がゴールインするのか?
  • 未来が不安な方に、占歴67年の鑑定師が「あなたの結婚」を完全予言!
  • 映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」で気づかされる愛の奇跡
  • これで見極めて!あなたが本当に幸せになれる結婚相手
  • 周りがどんどん結婚していく……焦らずに婚活するコツ!
  • 結婚に関して親世代の意見を聞く必要が一切ない理由
  • いつまでグダグダしているの!? 彼氏の結婚への本気度を確かめる方法
  • 絶対に結婚したい!今からできる「やるべきこと」「やめるべきこと」