こんにちは、婚活FP山本です。

 

近頃では少しずつ「家族計画」を立てる家庭も増えてきましたが、まだまだ根拠なく『なんとかなる』と、あまり深く考えずに2人目、3人目を出産する女性がいます。

しかしこれ、かなり危険なんです。

 

そこで今回は、子どもの教育費の目安についてお伝えします。

 

あなたの人生にお役立てください。

 

目安は子ども1人で月20万円の貯金

 

まずは結論からお伝えします。

 

これは1人目を出産する前段階での話ですが、仮に夫婦が30歳なら、月に20万円貯金できていて、ようやくその一人目の子どもをしっかり育てられるとお考えください。

 

ちなみに内訳は、教育費が月7万円と老後のための貯金が月13万円です。

 

そしてこのため、仮にあなたが2人目を出産したいのなら、1人目の出産前の状態から数えて月27万円の貯金が必要です。3人目を産むなら34万円ほど。

 

もしこの貯金ができていない状態で2人目、3人目と出産してしまえば、いずれ家計は破たんすると考えて、まず間違いありません。

 

仮に破たんしなくても、相当なまでの苦労を強いられることになります。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚占い|結婚まで一直線?あなたの運命の相手とは?
  • 大切な一瞬をどこで迎えたい?一生の思い出になるプロポーズの場所
  • これが結婚生活の現実! 独身女性が結婚したくなったら考えてほしいこと
  • プロポーズはまだ? 自分が結婚する気がないことに気づいていない男性の特徴
  • 姓名判断|彼と結婚したい!近い未来に私たちは結ばれますか?
  • 2人目出産の前に見積もるべきお金。教育費はどのくらい必要?
  • 結婚占い|運命の人から受けるプロポーズはどんなシチュエーション?
  • 結婚占い|あなたの彼氏の結婚に対する本音とは?