こんにちは、婚活FP山本です。

 

近頃では少しずつ「家族計画」を立てる家庭も増えてきましたが、まだまだ根拠なく『なんとかなる』と、あまり深く考えずに2人目、3人目を出産する女性がいます。

しかしこれ、かなり危険なんです。

 

そこで今回は、子どもの教育費の目安についてお伝えします。

 

あなたの人生にお役立てください。

 

目安は子ども1人で月20万円の貯金

 

まずは結論からお伝えします。

 

これは1人目を出産する前段階での話ですが、仮に夫婦が30歳なら、月に20万円貯金できていて、ようやくその一人目の子どもをしっかり育てられるとお考えください。

 

ちなみに内訳は、教育費が月7万円と老後のための貯金が月13万円です。

 

そしてこのため、仮にあなたが2人目を出産したいのなら、1人目の出産前の状態から数えて月27万円の貯金が必要です。3人目を産むなら34万円ほど。

 

もしこの貯金ができていない状態で2人目、3人目と出産してしまえば、いずれ家計は破たんすると考えて、まず間違いありません。

 

仮に破たんしなくても、相当なまでの苦労を強いられることになります。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 【婚活がうまくいかない理由】結婚できない女性の3つの特徴
  • 意外とアリ?「交際ゼロ日婚」を実現させる方法
  • 最後の砦「結婚相談所」はアリ? メリット・デメリットを比較
  • 外見に自信がないと諦めないで!ぽっちゃり女性がモテる方法
  • 3年付き合った彼氏の浮気から大逆転!幸せな結婚をつかんだ方法とは?
  • 結婚を遠ざける!婚活女性が陥りがちな4つのマインド
  • 結婚できない「おひとりさま顔」をモテ顔に変える! 【新堂未來のモテメソッド】
  • 男女に聞いた! 結婚を決めた瞬間って、どんな瞬間?