こんにちは、婚活FP山本です。

 

近頃では少しずつ「家族計画」を立てる家庭も増えてきましたが、まだまだ根拠なく『なんとかなる』と、あまり深く考えずに2人目、3人目と出産する女性がいます。

しかしコレ、かなり危険なんですよ。

 

そこで今回は、子供の教育費の目安についてお伝えします。

 

あなたの人生にお役立てくださいませ。

 

目安は子供一人で月20万円の貯金

 

まずは結論からお伝えします。

 

これは一人目を出産する前段階での話ですが、仮に夫婦が30歳なら、月に20万円貯金できていて、ようやくその一人目の子供をしっかり育てられるとお考えください。

 

ちなみに内訳は、教育費が月7万円と老後のための貯金が月13万円です。

 

そしてこのため、仮にあなたが2人目を出産したいのなら、1人目の出産前の状態から数えて月27万円の貯金が必要です。3人目を産むなら34万円になります。

 

もしこの貯金ができていない状態で2人目、3人目と出産してしまえば、いずれ家計は破たんすると考えて、まず間違いありません。

 

仮に破たんしなくても、相当なまでの苦労を強いられることになります。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚相談所のカウンセラーが語る、数十万払っても結婚できないワケ
  • 結婚占い|二人の結婚はどうなる? 運命が示す言葉
  • 結婚占い|あの人が今、結婚したいと思っている相手は私ですか?
  • 結婚?仕事?アラサー女性が人生の方向性を定めるために考えたいこと
  • 運命の人はここにいた!理想の結婚相手と出会えた方法とは?
  • 婚活にブランドバッグを持っていくと嫌われる?男性の本音
  • 結婚占い|この人との恋……結婚に繋がっていますか?
  • 今どき男性が好む、婚活市場で有利な女性の条件3つ

カナウ公式ツイッター