別居、というとかつては夫婦関係が上手くいかなくなった男女が選択するものでした。

 

ですが、現代では、新婚当初から別居を選択する男女も珍しくなくなっています。今回は、別居婚のメリットについてご紹介していきます。別居婚に興味がある方は是非チェックしてみてください。

 

別居婚のメリット1 なんといっても自由。趣味や仕事に没頭できる

 

別居婚の第一のメリットは、なんといっても自由に自分の時間を使えることでしょう。

 

共働き家庭であっても、まだまだ女性側が家事分担を担うことが多い世の中です。会社から帰ってきて、掃除や料理をしなければならないかと思うと気が滅入る人も多いでしょう。家事が完璧に男女で分担されている家庭であっても、分担しているが故にお互いの役割を全うしていないと諍いになりがちです。

 

別居婚はそういった諍いを避けられるうえ、相手の目を気にせず自由に行動ができます。

 

別居婚のメリット2 マンネリとは無縁。いつまでも恋人気分でいられる

 

同居していると、どんなにラブラブなカップルでも、恋人気分は薄れ、家族として相手を認識するようになってきます。

 

別居婚は相手のだらしないところを見る機会が少ないため、相手に対して恋愛感情を抱き続けることができるというメリットがあります。会えないときに相手のことを想う時間が増えるため、一緒にいられる時間をより大切にできるのです。

 

別居婚のメリット3 転勤があっても大丈夫。キャリアを諦める必要がない

 

どちらかの転勤が決まった場合、同居するためには一方(ほとんどは女性側)が仕事を辞めてついていく必要がでてきます。

 

ですが、別居婚を選択すれば、転勤族であったとしても、仕事と家庭を両立させることが可能になるのです。

 

別居婚はメリットだけではない。お金がかかる&親からの理解が得られにくい

 

これまで別居婚のメリットについてご紹介してきましたが、いいことばかりではありません。

 

まず、親世代には別居婚は馴染みがないものです。そのため、別居婚を反対されてしまう可能性があります。また、同居することで生活費を抑えることができますが、別居していると生活費は高くなりがちです。

 

また、自由な時間が増えたことによって、浮気もより簡単に行えるようになります。ただし、同居していても、別居していても浮気する人はしますので、バレるのが遅くなるか早くなるかというだけの違いだ、とも言えるかもしれません。

 

さいごに。結婚の形の正解は人それぞれ違う

 

今回は、別居婚のメリットについてご紹介してきました。

 

別居婚には様々なメリットがあります。子供ができるまでは、別居してお互いの趣味や仕事を大切にし、子供が生まれたら同居して協力しながら育児を行う、というのもありでしょう。

 

結婚の形に正解はありません。常識に捉われず、自分に合った生活スタイルを選んでいきましょう。

 

今来 今/ライター

 

■結婚って本当に必要?事実婚カップルが増えているワケ
■片思い占い|彼と付き合ったら、結婚することになる?
■結婚に後悔している人は半数近く!? 結婚相手に対して妥協してはいけない条件とは?

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • “1人で行動する勇気”が婚活成功のカギ
  • 離婚経験者だけが知る、幸せな結婚をするための条件5つ
  • これからの時代は「結婚かキャリアか」ではなく「結婚もキャリアも」です
  • なぜそうなる?結婚に対する男女の考え方の違い
  • 成婚への近道は「結婚モード」の男性を選ぶこと
  • 貯金がない彼氏と結婚するのが不安。どうすればいい?
  • 【彼氏と夫の違い】恋人としてはうまくいくのに結婚すると失敗する訳
  • 結婚のタイミング3選! 婚期を見分けてプレッシャーに打ち勝つ!