こんにちは、婚活FP山本です。

 

日本の年功序列はとっくに崩壊したといわれていますが、20~30代の平均収入はやはり低く、20代男女の平均年収は346万円、30代男女では395万円といわれています。
30代女性の手取額平均は231万とのことですから、けっして高額とはいえないでしょう。

 

それにも関わらず、20~30代は結婚費用に始まり、家庭をもったあとは教育費用、住宅購入費用など、さまざまなお金が必要になる年代です。

 

簡単に昇給は望めない世の中ですから、自然と「いかに支出を減らすか?」が課題になるはず。
どうやって節約したらいいのでしょう。

 

今回は、ファイナンシャル・プランナーならではの効果的な節約ポイントをお伝えします。

独身の方はもちろん、既婚の方もぜひ、人生にお役立てください。

 

節約するならおすすめは生命保険料と住居費

 

まずは結論からお伝えします。
ぜひ一度『生命保険料』と『住居費』を節約することを検討するといいでしょう。

 

ちなみにそれぞれ、今は毎月いくら支払っていますか?

 

生命保険料は基本的に毎月支払いますし、また保険屋さんのがんばりのおかげで、とくに既婚者の場合、多めに加入していることが多いのです。

 

したがって、この「多めの部分」を最適な金額に見直すだけで、けっこうな金額の節約になることが多いといえます。

 

また住居費(家賃)もおすすめできる節約ポイントです。

 

とくに既婚者の場合は、将来的に子どもが産まれることを考えて、2人暮らしなのに3LDKのマンションを借りるなど、家賃が高めの物件に住んでいるケースが少なくありません。

 

しかし、子どもがまだ産まれていなかったり、産まれていても子ども部屋が不要な年齢だったり、はたまた快適さのみを追求して物件を選んでいたりするなら、引っ越しも検討してみませんか?

 

なお、すでに不動産を購入している場合は、『住宅ローンを見直す』ことで、節約できる可能性があります。

 

不動産を購入して数年経っている家庭はとくに、見直すことで金利を下げられるかもしれません。
ぜひ一度、検討してみましょう。

 

節約は大きい非生活費を削るのが効果的

 

節約というのは、日常的な生活費に類するものを下げると、途端に生活がきゅうくつに感じられます。
たとえば食費などは、月1万円下げただけでもずいぶんとみじめな気分になりますよね。

 

また、その節約金額も小さく、努力のわりに節約効果がなかなか得られないことが多いのです。

 

でも、先ほどの生命保険料ならいかがでしょうか?
下げたところで、日常生活にはなにも影響はありません。
いざというときのために保険料を支払うのと、保険料を削って自分で貯金するのとでは、結果的に同じです。

また、20~30代で深刻な重病にかかることはまれですから、そこに大金を積むことは必然ではないでしょう。

 

住居費も同様です。
引っ越し直後は多少の手狭感などもあるかもしれませんが、多くの場合『住めば都』だと感じられます。
女性の場合は、掃除にかける時間が短縮できて、むしろ得のほうが多いのでは?

 

しかも、生命保険料も住居費も、毎月支払うお金である分、毎月コンスタントに節約できて、効果はかなり大きいといえます。

 

節約とは毎月支払う必要があり、かつ生活費に属さない、支出金額の大きいところを削るのが一番といえます。

 

月5万円削減した夫婦をご紹介

 

私の相談者の中に、夫婦そろって30代前半の佐藤さん(仮名)一家がいました。

 

佐藤さん一家は20代半ばで結婚し、その後すぐに子どもが産まれた一家です。
そしてその後は子どもを保育園に預けつつ、共働きでずっとがんばってきました。

 

しかし夫婦には、ある悩みが……

 

思うように貯金ができなかったのです。
収入は思うように上がらないのに、その一方で教育費は上がるばかり。
節約も限界まできていました。

 

どうやったらもっと節約できるのだろうと悩み、あるとき私に相談しに来られました。

 

そして私は、生命保険の見直しと引っ越しを提案。
実は佐藤さん夫婦、保険会社に言われるがまま月3.5万円もの生命保険料を支払っていたのです。

 

また、結婚時に気合いを入れすぎたのか、月15万円もするところに住んでいました。

 

佐藤さんは私の提案を受け入れ、その結果、生命保険料は1.5万円に、家賃は12万円にまで落とせました。
合計毎月5万円の節約です。

 

私への相談料と引っ越し代は別途かかりましたが、数か月で元が取れ、大喜びの佐藤さん夫婦でした。

 

まとめ

 

節約は、生活費に属さない支出金額の大きいものを削るのが効果的です。
そしてこれに該当するもっとも削りやすいものが、生命保険料と住居費なのです。

 

削れたぶんは、素直に貯金に回してもいいですし、日頃の生活水準を多少上げるのに使ってもいいでしょう。

 

この機会に一度、この2つを節約することを検討してみるのはいかがでしょうか。

 

(婚活FP山本/ライター)

公開日:2017年11月8日
更新日:2018年12月11日


 

参考:【平均年収.jp】調べ。「30代の平均年収」と「20代の平均年収」より。

 

■【12星座別】金運を上げる方法
■金運心理テスト|サンドウィッチでわかる、あなたのお金とのつながり
■やっぱり気になるマネー運!今の金運と開運法をタロットが教えます

金運】の最新記事
  • 実際にやってみた! 満月のおまじないで金運をアップさせよう
  • 【12星座別】金運を上げる方法
  • 12星座別!3月のマネー運
  • 12星座別!2月のマネー運
  • 金運心理テスト|好きなお茶はなに?貯金を増やすためにすべきこと
  • 「ふるさと納税」は本当にお得なの!? メリットとデメリットは?
  • 独身も既婚も必見! ファイナンシャル・プランナーが教える節約ポイント!
  • 5/15:牡牛座の新月でお金を引き寄せる!収入を増やすポイント