こんにちは、婚活FP山本です。

 

日本の年功序列はとっくに崩壊したといわれていますが、20~30代の平均収入はやはり低く、20代男女の平均年収は346万円、30代男女では395万円といわれています。30代女性の手取額平均は231万とのことですから、決して高額とはいえないでしょう。

 

にも関わらず、20~30代は結婚費用から始まり、家庭を持った後は教育費用、住宅購入費用など様々なお金が必要になる年代です。

 

簡単に昇給は望めない世の中ですから、自然と「いかに支出を減らすか?」が課題になるはず。どうやって節約したらいいのでしょう。

 

今回は、ファイナンシャル・プランナーならではの効果的な節約ポイントをお伝えします。

独身の方にはもちろん、既婚の方もぜひ、人生にお役立てくださいませ。

 

お勧めは生命保険料と住居費

 

まずは結論からお伝えします。ぜひ一度『生命保険料』と『住居費』を節約することを検討するといいでしょう。

 

ちなみにそれぞれ、今は毎月いくら支払っていますか?

 

生命保険料は基本的に毎月支払いますし、また保険屋さんのがんばりのおかげで、特に既婚者の場合、多めに加入していることが多いのです。

 

したがって、この「多めの部分」を最適な金額に見直すだけで、けっこうな金額の節約になることが多いといえます。

 

また住居費(家賃)もお勧めできる節約ポイントです。

 

特に既婚者の場合は、将来的な子供が産まれることを考えて、2人暮らしなのに3LDKのマンションを借りるなど、相応に家賃高めの物件に住んでいるケースが少なくありません。

 

しかし、子供がまだ産まれていなかったり、産まれていても子供部屋が不要な年齢だったり、はたまた快適さのみを追求して物件を選んでいたりするなら、引っ越してはいかがでしょうか?

 

なお、すでに不動産を購入している場合は、『住宅ローンを見直す』ことで、節約できる可能性があります。

 

不動産を購入して数年経っている家庭は特に、見直すことで金利を下げられる可能性が大です。ぜひ一度、検討してみましょう。

 

関連キーワード
金運】の最新記事
  • 今必要なお金を得るためのアドバイス
  • お金が「貯まらない」現状を変えるには?
  • 独身も既婚も必見! ファイナンシャル・プランナーが教える節約ポイント!
  • タロット占い|あなたが貯金できない理由【無料占い】
  • イヴルルド遙華が教える、マインドナンバー別『お金への向き合い方』
  • 将来の「お金」が不安な人へ。ファイナンシャルプランナーのアドバイス
  • お金に好かれるにはどうしたらいい?
  • 今、あなたの金運を上げる「ラッキーパーソン」

カナウ公式ツイッター