どういった言い方や伝え方をしてくれるかによって、相手に抱く印象はかなり大きく変わるものです。

 

サラッと褒めてくれるのか、嫌な気持ちになることを言ってくるのかによって、男性との接し方も違ってくるでしょう。

 

そこで今回は、「嫌味なく褒めてくれる男性」と「すべてが悪口に聞こえる男性」の違いについて紹介します。

 

 

いつも「否定」から入る

 

「否定の言葉ばかりを言ってくる男性には、できるだけ近づかないようにしています。嫌な気持ちになるだけだし、なにも身にならないですからね」(20代女性/アパレル)
 
「そうじゃなくて」とか「違うでしょ」などと否定的な言葉から入られると、すべてにダメ出しをされているような気分になるはず。
 
それではもう話す気が失われるでしょうし、「この人とは合わない」と感じるようにだってなるでしょう。
 
このような男性は、「自分のほうが優れている」と誇示したいという考えの人が多いので、下手に深入りしてあなたが自信をなくすようなことにならないように気をつけてくださいね。
 

「余計なひと言」が多い

 

「『Aさんって、見かけによらず仕事がデキますよね』って言われたことがあって、デキると言われてもまったくうれしくなかったですね」(30女性/出版)
 
たとえ褒めているつもりであっても、余計なひと言が付け足されると、それが一気に台無しになるだけ。
 
自分では褒めていると思っていても、結局は悪口になってしまっている典型的なパターンと言えるでしょう。
 
悪気はないのでしょうが、一緒にいるとイライラすることも多いかもしれないので、我慢ができない場合には距離を置いたほうがいいかもしれませんね。
 

意見を「押しつけない」

 

「私の考えを聞こうとしてくれて、認めてもらえると、ものすごくうれしいです。そういう人が上司だと、とても仕事もやりやすいですね」(20代女性/飲食)
 
自分の意見をただ強引に押しつけるのではなく、あなたの意見にもしっかりと耳を傾けてくれる。
 
それはあなたのことを尊重していて、受け入れる姿勢を持っている証拠だと言えます。
 
そのうえで、いいところを見つけ出してくれる男性は、上辺だけではなく心からあなたのことを褒めてくれているのでしょう。
 

「対等」に接してくれる

 

「ちゃんと対等な関係性で接してくれる男性だと、こっちも心を許すことができます。色んなことを話し合えるので、成長させてくれる相手でもあるかも」(30代女性/商社)
 
見下したり、馬鹿にしたりするようなことがなく、常に対等に接してくれる男性とは、心地よい関係性を築けるはず。
 
そういった男性は、ちゃんとあなたのことを認めてくれているので、褒めるときにも自分の素直な気持ちが言葉に出ることでしょう。
 
上から目線ではなく、感心を表すような褒め方や認め方をする男性は、本当にあなたの言動にすごいと感じていると言えますよ。
 

さいごに

 

一緒にいて嫌な気分になる男性とは、あまり深く関わらないほうがいいかもしれません。
 
そこに悪気はなかったとしても、あなたがストレスを抱えることになるだけなので、自分のためによくないですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■こんな女性とは仲良くなりたい!第一印象で男性が興味を引く女性とは?
■女性はドン引き…結婚に求める男性のリアルな本音3選
■なぜ結婚できないの?男性が「奥さんにしたい」と思う女性の特徴4選

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

モテ】の最新記事
  • 血液型×12星座|これからが本番!30代以降にもっとモテる人ランキング
  • ここで見極める!信用できる男ってどんな人?
  • 血液型×12星座|ダメ男に好かれるランキング
  • ギャップで魅せる!大人女性が可愛く見える5つの方法 
  • 男性を離れさせない「わかってくれる女性」になるには
  • 10の質問ですぐ分かる!|あなたの「恋愛熟練度」
  • アラサー女性が不毛な恋をしないために必要なこと4選
  • 10の質問ですぐ分かる!|あなたの「男運」診断