二人でいるところをたまたま彼の友人や知人に見られて、「彼女?」と訊かれたとき。とっさに彼が「違いますよ、友達です」なんて答えるのを聞いて、傷ついた経験がある女性も少なくないでしょう。

 

周りの人に「恋人です」と紹介してくれないのはなぜか? その男性心理をご紹介します。ひょっとしてやましい思いがあるのでは……? なんて疑いを持ってしまう前に、ちゃんと確認しておきましょう。

 

プライベートなことだから

まず、他人に自分の恋人を紹介するという行為は、自分のプライベートをさらすということです。特に、紹介する相手が彼にとってあまり親しい間柄ではない場合、また、彼が仕事とプライベートを完全に切り離して考えていたりすると、会社の同僚などにはやはり、「彼女」とは紹介しません。

 

その理由は、わざわざ個人の生活に足を踏み込んでほしくないから。

言わば自己防衛策です。だからこの場合は、いちいち傷つく必要はありません。「私を紹介するような大した相手ではないのね」と思って、忘れてしまいましょう。

 

 

後でいじられるのが嫌だから

紹介した相手が彼にとって親しい間柄だと、後でいじられるという面倒があります。女性同士でも、ガールズトークで互いの恋愛事情を根ほり葉ほり尋ね合うことがあるでしょう。

 

しかし、男性同士の恋愛トークは、「冷やかし」が前提になっている場合が多いのです。たとえあなたの容姿が良くても、「その代わり性格ブスなんだろ」などと攻撃の対象になることさえあります。

 

こういうケースでは、「友達です」の言葉で、あなたのことを守ってくれていると考えても良いでしょう。真剣な付き合いだからこそ、仲が良いだけで「恋人」として自慢することはありません。紹介するなら、むやみに冷やかさない、ちゃんと信頼できる相手を選んで紹介します。男性側の配慮というものなのです。

 

たとえ本気の関係でも、先のことはまだわからないから

たとえ正式に付き合っている間柄であっても、結婚まで決まっていないうちは、なかなか周りにまで語れません。もし別れてしまったら心配をかける、あるいはまたいじられてしまうという不安もあるから。つまり、男性側に自信がないのです。

 

こうした場合は、自分が傷つく以前に、彼のことを安心させてあげた方がいいでしょう。自分は真剣であることを伝えれば、彼も自信を持って周りに「恋人です」と紹介してくれるようになるかもしれません。

 

 

まとめ

今回、3つの男性心理を紹介してみました。彼氏があなたを「友達です」と言うだけで本気度がたりないと思うのは早計でしょう。単に恥ずかしいから誤魔化しているだけ、という場合もあるのです。

 

そして、なぜ彼女として紹介してくれないの? と怒るくらいなら、彼とちゃんと話し合って、真意を確かめてみるのが確実かもしれません。

 

(平原 学/ライター)

 

■心配性の女性必見! 浮気をしている彼氏がとる4つの行動

■【彼氏に愛されるラブレッスン】彼の愚痴に対する神対応はコレ!

■彼からLINEも電話もこない……もしかして冷めた? そんな時の不安解消法

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 工夫次第でいくらでも♡いつものデートを楽しくする方法
  • 「彼氏から連絡ほしい!」そんな時にやるべき、たった一つのこと
  • 喧嘩しないカップル旅行の秘訣
  • 大好きな彼と距離を置く? 本当にそれが最善の道?
  • おうちデートを成功させるおすすめ料理はコレ! 彼の胃袋をつかむ秘訣
  • 彼氏が仕事ばっかり! 私と仕事、どっちが大事? と言わない方法
  • 付き合いたてのカップルが旅行に行くときに気をつけたい4つのこと
  • 心配しなくて大丈夫! 遠距離恋愛に負けない二人になる4つの方法!